「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」吉岡秀隆が若きシッダールタの声を担当!

 - アニメ映画

   

『マンガの神様』と評される手塚治虫が、10年の歳月をかけて制作した漫画「ブッダ」の劇場映画化作品です。多くのアニメ映画作品のディレクションに携わった森下孝三が、単独でメガホンを取りました。

「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」のあらすじ

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく出典:http://urx2.nu/BdOa

2500年前のインド。カースト制度によって、人々は生まれながらに身分の決まった暮らしを強いられていた。そんな厳しい階級社会に疑問を抱いたのは、シャカ国に生まれた王子シッダールタ。彼は預言者によって『この世界の王になるだろう』と言われた存在だった。

苦しみ悩むシッダールタ

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく出典:http://takamagaharayomi.blogspot.jp/2012_12_01_archive.html

シャカ国の王子シッダールタ(後のブッダ)は命を粗末に扱うのが嫌いで、インドで当然のように行われていたカースト制度=身分差別について大いに悩みます。人々だけでなく動物の死にも心を痛めてしまうシッダールタ。三部作の序章となるこの作品では、シッダールタが思い悩む姿が存分に描かれます。自分だけではなく他人の命の存在も、もう一度考え直したくなる映画です。

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しくの動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく
ジャンル ドラマ
監督 森下孝三
出演 吉岡秀隆
吉永小百合
堺雅人
制作年度 2011年
本編時間 111分
製作国 日本

ライター:小泉うどん