「空飛ぶゆうれい船」原作は石ノ森章太郎!少年達を虜にしたSFアドベンチャー映画 - 映画みちゃお!

「空飛ぶゆうれい船」原作は石ノ森章太郎!少年達を虜にしたSFアドベンチャー映画

 - アニメ映画

   

1969年、『東映まんがまつり』内で上映されたアニメ映画「空飛ぶゆうれい船」をご紹介します。監督は1960年代~1970年代にかけて多くのアニメ映画を手掛けた池田宏。原作は石ノ森章太郎(石森章太郎)の短編漫画『ゆうれい船』です。

「空飛ぶゆうれい船」のあらすじ

空飛ぶゆうれい船出典:http://www.filmaffinity.com/en/film441091.html

深い霧の立ち込める夜、世界各地で船の沈没事故が起こった。その原因はまるで幽霊のように突然現れたボロ船だと噂されていた。一方、少年・隼人はそんなこともつゆ知らず、仲のいい両親と共にモーターボートで遊んでいた。そんな時、黒汐コンツェルンの会長夫妻が交通事故に遭った場面に遭遇し、彼らを介抱することになる隼人。気を失った彼らを岬にある屋敷に運び込むが、隼人はその中で幽霊船長の姿を目撃するのだった。

少年達をワクワクさせる要素がてんこ盛り!

空飛ぶゆうれい船出典:http://nnm.me/blogs/vuni4an/letayushiy_korabl-prizrak_the_flying_ghost_ship/

60分という短い上映時間ではありますが、冒険を通した少年の成長や、国家や大会社が悪だという社会風刺的な展開、黒幕のさらに裏にいる存在の正体、近未来を舞台にした様々なSF要素など見所が詰まっています。特に、戦車やロボットが街を破壊するシーンではスタジオジブリの宮崎駿が原画を担当しており、彼の今後の作品に大きく影響を及ぼしたことも知られています。当時の子供たちを夢中にさせた本作は、今見ても色褪せることのない名作と言えるでしょう。

空飛ぶゆうれい船の動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 空飛ぶゆうれい船
ジャンル SF
監督 池田宏
出演 野沢雅子
田中明夫
制作年度 1969年
本編時間 60分
製作国 日本

ライター:小泉うどん