王様は果たして人間に戻れるのか?「ラマになった王様」

 - アニメ映画

   

全米では2000年に公開されたディズニー作品です。
日本では東京ディズニーシーの開園を記念して、2001年7月14日に劇場公開されたことでも話題となりました。
他のディズニー作品とは一線を画した作品でミュージカルの要素は含まれておらず、日本人にも親しみやすい内容の映画となっています。

自分勝手な王様はみんなの嫌われ者

出典:http://knowyourmeme.com/memes/subcultures/the-emperors-new-groove

主人公は、とある王国の王様であるクスコという若者です。
彼は自由気ままに生活し、自分の持っているものを他の人に見せびらかし、豪遊して毎日を過ごしていました。
自分が持っている財産や権力、美しさに誇りを持っていた彼は他の人の助言にも耳を傾けようとはしませんでした。
そんな彼が以前に城から追い出したイズマという老婆に薬を飲まされて、ラマに変えられてしまうところから物語は始まります。

ディズニーシー開園記念作品は吹き替え版声優陣も豪華メンバー

オリジナル版もさることながら、日本語吹き替え版の声優陣もクスコの物語を盛り上げます。
主人公の声を日本語で担当したのは、俳優の藤原竜也さんです。
俳優としての高い演技力にも定評のある藤原竜也さんですが、自己中心的な王様、クスコのイメージを見事に表現しています。
また、映画の冒頭でクスコのテーマソングを歌うのは歌手の西城秀樹さんです。

家族で楽しめるディズニー作品

イズマによってラマにされてしまった王様クスコは善良な農民のパチャと出会い、城へ戻るための旅を始めます。
はじめ二人はケンカばかりしていますが、その道中でラマにされてしまったクスコは自分が今まで気付いていなかった大切なものに気付き始めます。
果たしてクスコは無事城に戻り、王様として人間に戻ることができるのでしょうか?
自分勝手な王様が他の人に支えられながら、本当に大切なものに気付くまでを描いた心温まる作品です。
ご家族で一緒に見るなら、お子さんに家族や友人の大切さに気付かせることのできる映画です。

ラマになった王様の動画を見る

題名 ラマになった王様
監督 マーク・ディンダル
出演 デビッド・スペード
ジョン・グッドマン
制作年度 2000年
本編時間 78分
製作国 アメリカ

ライター:atarasiya0531