今作は次元大介が主役! 「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」

 - アニメ映画

   

モンキー・パンチ原作の人気作品『ルパン三世』。『Lupin the Third』シリーズではその原点に立ち返り、魅力的な各キャラクターに焦点をあてています。シリーズ2作目の「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」は、おちゃらけたルパン三世とは正反対のガンマン、次元大介をハードボイルドに描いたアニメ映画です。「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」の見どころに迫ります!

次元大介の命、危うし! 気になるあらすじをご紹介

出典:http://www.animeclick.it/anime/5398/lupin-the-iiird-jigen-daisuke-no-bohyou

元は一つの国だった東ドロアと西ドロアが舞台です。東ドロアのマランダ共和国大使館で、難なく秘宝『リトルコメット』を盗んだ若き次元大介とルパン三世。警察に追われて街へと逃げる2人でしたが、殺し屋に狙撃されてしまいます。残された弾丸は、西ドロアで7日前に起こった、東ドロアの歌手暗殺事件でも使用されていたものでした。殺し屋がヤエル奥崎だと断定した次元は、ルパンと共に墓地へ向かいます。“殺す前にターゲットの墓を用意する”こだわりを持つ奥崎によって、次元の墓が用意されていて……。【狙われて生き延びたやつは、一人としていない】というヤエル奥崎に、果たして次元大介は勝つことができるのか? 東ドロアの空に銃声が響く!

ガンマン・次元大介をスタイリッシュに表現!

シリーズ1作目のテレビアニメ、『LUPIN the Third -峰不二子という女-』(2012年)の流れを組んだ「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」。モンキー・パンチの原作の雰囲気を損なわず、危険な香りを漂わせたアダルトな作りになっています。次元大介のダンディズム、銃撃の鋭さを美麗な作画で堪能できます。特に、ヤエル奥崎との対決シーンは見もの!

“相棒”ルパン三世との関係にも注目! 監督のこだわり

監督は『アニマトリックス ワールド・レコード』や「REDLINE」の小池健。『Lupin the Third』シリーズ1作目のテレビアニメ『LUPIN the Third -峰不二子という女-』では、キャラクターデザイン、作画担当を担当していました。ルパン三世と次元大介が“相棒”になっていく過程を描いたのは、監督の強い意向があってのことでした。高い射撃能力を持つクールなガンマン・次元大介と、盗みの美学を既に心得ているルパン三世。この2人の対比にも注目です。

ファンはもちろんのこと、『ルパン三世』は少ししか知らないという方でも楽しむことができます。次元大介の生死を賭けた戦いを、ぜひ作品でご確認ください! 峰不二子のお色気シーンもあります!

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標の動画を見る

題名 LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標
監督 小池健
出演 栗田貫一
小林清志
制作年度 2014年
本編時間 51分
製作国 日本

ライタープロフィール

ニッポニアニッポン
ニッポニアニッポン
いつも映画館とレンタルビデオ店に通っています。
特にSF映画が好きです!

ライター:ニッポニアニッポン