個性豊かな妖怪達が大騒ぎ!「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」

 - アニメ映画

   

『妖怪ウォッチ』は小学生が繰り広げるギャグアニメで、個性豊かな面白いキャラクターのネーミングにはギャグが盛り込まれています。名前とその名前にちなんだエピソードが楽しみどころの一つのポイントとなっています。ゲームソフト・アニメ・玩具は爆発的に人気を博し、その勢いは今なお衰えることがありません。今回の映画も面白いネーミングのキャラクターがどんどん出てくるストーリーです。

今までのアニメ映画とは違う!オリジナリティあふれる構成

映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!出典:http://ilovevg.it/2016/08/yo-kai-watch-2-arrivo-europa-nel-2017/

「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」は劇場版第2作目であり、このタイトルから分かるように、100分の上映時間の中に、5つのエピソードが展開されています。アニメの映画といえば一般的には、一つの目標に向かって突き進む過程を描いて、解決・成功などのハッピーエンドで終わる形が多いのですが、この映画は一味違います。どのストーリーも繋がってはいないのですが、共通点として必ずエンマ大王が出てくるシーンが盛り込まれており、エンマ大王の言動を気にしつつ各ストーリーを見ることとなります。そして最終話のストーリーを楽しむという形が新しく面白いですね。

アニメらしい、ありえないストーリー展開が面白い

各ストーリーの内容は、『妖怪ウォッチ』らしく、ありえないギャグストーリーになっています。ケイタがある日死んでしまい、妖怪となってとりついた男の子の話や、ジバニャンがタイムスリップをしてエミちゃんと涙の再会を果たしたり、コマさんとコマじろうに人間の弟ができた、というような、必ず人間と妖怪との絡みを織り込んだありえないストーリー展開の連続で、思わず引き付けられます。

テーマ曲だって面白い!

やはり妖怪ウォッチといえば、テーマ曲も大変注目されています。アニメを見終わった後も更に盛り上げる曲を歌い踊るのは、おなじみ“キング・クリームソーダ”さんです。イギリスのロックバンド“キング・クリムゾン”から名前を考えられたそうですが、『妖怪ウォッチ』の主題歌のために作られたユニットなので、曲調は全く違い、歌詞や振り付けが大変面白いです。だから物語の途中にも、歌の振り付けにもある『ポーッ』と言うケイタが出てきたりしてたんですね。

今回の映画は5つのストーリーに分けられており、見どころ満載です。いつもの劇場版に比べ、見ごたえがあるのでぜひおすすめです。

映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!の動画を見る

題名 映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!
監督 高橋滋春
ウシロシンジ
出演 戸松遥
悠木碧
制作年度 2015年
本編時間 93分
製作国 日本

ライター:ニース