「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」大人気ヒーローアニメ劇場版第二弾!

 - アニメ映画

   

【NEXT】と呼ばれる特殊能力者が、企業のスポンサードを受けながら街を守るヒーローとして活躍する、2011年に大人気を博したアニメ「TIGER & BUNNY」の劇場版第二弾。牛角やすき家など、実在の企業からスポンサーを募集し、作中に実際に企業ロゴが登場した事でも話題になった。今作ではアニメシリーズのその後の展開を描き、新ヒーローのゴールデン・ライアンほか新顔のキャラクターも多数登場する。本作を鑑賞する際には先にアニメシリーズを見てからの方が好ましいだろう。
キャッチコピーは「己の正義 己の守るべきもの」。現在でもまだまだ熱烈的なファンは多く、東京アニメアワードフェスティバル2015アニメ・オブ・ザ・イヤーにてアニメファン賞を受賞している。

「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」のあらすじ

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-出典:http://hatadesk.blog68.fc2.com/blog-entry-162.html

数々の騒動を経て引退を決意したワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹とバーナビー・ブルックスJr.。しかし彼らは再びヒーロー活動を開始する。かつての一部リーグでの華やかな活躍とは裏腹に、二部リーグでの地味で地道な活動をしていた。そんな最中、二人の所属するアポロンメディアの新オーナーは新たな方針を大々的に打ち出した。バーナビーだけを一部リーグに昇格させ、新ヒーローのゴールデン・ライアンとコンビを組ませるというものだった。もちろん納得がいかない虎徹だったが、上の命令には逆らえない。一方その頃、彼らの住むシュテルンビルトでは奇妙な事件が多発し、街全体を不安が包み込んだ。

『男は度胸、女は愛嬌、オカマは最強よ!』

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-出典:http://kotaku.com/tiger-bunny-the-rising-is-an-average-epilogue-to-a-g-1520389731

個性的なキャラクターを発揮しながらも、アニメではいわゆる“個別回”のなかったヒーロー、ファイヤーエンブレム。この映画ではそんな彼に一部焦点が当てられることになり、苦労と活躍が描かれるので作品のファンとしては『待ってました!』と言わんばかりの内容だ。クライマックスの戦いで復活するファイヤーエンブレムと、その際に発する名台詞は一見の価値があるだろう。
また、ほぼ“完成され尽している”と感じられるアニメシリーズに、今作からゴールデン・ライアンというヒーローが新たに加わる事に不安を感じたファンも少なくないのではないだろうか。だが蓋を開けてみると彼はストーリーには上手く馴染み、魅せ方も申し分なく与えられており、新キャラクターにありがちな『浮いた感じ』が全くしないことに逆に驚かされるくらいだ。敬遠していたファンの方も、自分の中のタイバニ像が崩れるということはないので安心して観て欲しい。

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-の動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-
ジャンル アクション
監督 米たにヨシトモ
出演 平田広明
森田成一
中村悠一
制作年度 2014年
本編時間 100分
製作国 日本

ライター:安養寺