「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」世界的人気格闘ゲーム、待望のフルCG映画化!

 - アニメ映画

   

バンダイナムコエンターテインメントが生んだ3D対戦格闘ゲーム『鉄拳』シリーズを原作とし、美麗なフルCGで新たな『鉄拳』の世界を表現したのが「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」です。監督は、「ぼのぼの クモモの木のこと」「宣戦布告」でCGディレクターを担当した毛利陽一が務めています。

「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」のあらすじ

鉄拳 ブラッド・ベンジェンス出典:http://ncloud.blogspot.jp/2011/07/tekken-blood-vengeance-poster-and-new.html

中国拳法の達人で女子高生のリン・シャオユウに、とある仕事の依頼が舞い込む。京都の学校に通う神谷真という男の身辺を調査するというものだった。シャオユウは学園に潜入するもなかなか調査は上手くいかず、焦りを感じている矢先に真が何者かに誘拐されてしまう。真を追いかけるシャオユウだったが、やがて大きな陰謀と直面することになる。そこには世界的な裏組織『三島財閥』の影があった。

『鉄拳』シリーズの魅力を余すところなく表現

鉄拳 ブラッド・ベンジェンス出典:http://u0u1.net/CP7C

『鉄拳』シリーズといえば、3D対戦格闘ゲームの草創期からアーケードで人気を博し、現在では国内外で3D対戦格闘ゲームの大多数のシェアを獲得しているビッグタイトルです。2009年にはアメリカで実写映画化などもされましたが、こちらはあまり評判にはならなかったみたいですね。近年ではグラフィックの向上が目覚ましく、ゲーム画面は壮大な映画を観ているようだという声をよく聞きました。実際にフルCGで映画になってみるとその迫力は凄まじいの一言です。ゲームのファンの方も、そうでない方も、ぜひ楽しんでもらいたい一作です。

鉄拳 ブラッド・ベンジェンスの動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 鉄拳 ブラッド・ベンジェンス
ジャンル アクション
監督 毛利陽一
出演 坂本真綾
松岡由貴
制作年度 2011年
本編時間 93分
製作国 日本

ライター:小泉うどん