娘のために、強い父親になるんだ!韓国版リメイク「フライ・ダディ」

 - アジア映画

   

主人公は心優しい普通のサラリーマン、ガビル。
いつも通りの普通の生活を送っていましたが、ある日娘のデミが高校の同級生に怪我を負わされてしまいます。
娘に怪我を負わせたボクシング選手のカン・テウクは何の責任も負わずに日常生活を続けており、娘を守ってやれなかったことにガビルは悔しさを募らせるのでした。

情けない父親はクールな高校生に出会う

出典:http://tam7studio.blog76.fc2.com/blog-entry-108.html

自分の情けなさにがっかりするガビルでしたが、娘デミの通う高校でソンスクという名のクールな高校生と出会います。
事情を聞いたスンソクはガビルがカン・テウクに復讐するのを手伝うことを申し出ます。
本当の親子ではないにしても、互いに助け合うガビンとスンソクは次第に絆を強めていきます。
そして、最終決戦までの二人の特訓が始まります。

韓国映画版キャストも超豪華

傷つけられた娘の復讐を決意する普通のサラリーマン、ガビン役は映画「公共の敵」などへの出演で知られるイ・ムンシクです。
そして、クールな高校生のスンソク役は「王の男」などへの出演で知られる韓国の人気俳優、イ・ジュンギが務めました。
主演二人の迫真の演技によって、物語のラストでの直接対決への期待が高められます。

日本版映画「フライ,ダディ,フライ」との比較も興味深い

本作品は2005年に日本で公開された映画「フライ,ダディ,フライ」の韓国版リメイク映画です。
日本版の配役やストーリー展開との違いに注目しながら見るのも興味深いでしょう。
特に韓国版ではガビンとスンソクの本当の親子のような強い絆がとくに際立っており、感動的なラストシーンを迎えます。
娘のために頑張ったお父さんの努力に注目です。
ストイックに鍛え上げるガビンの娘に対する熱い気持ちには共感させられます。
世界共通で受け入れられる勧善懲悪の映画なので、見た後にもスッキリできるおススメの映画です。

フライ・ダディの動画を見る

題名 フライ・ダディ
監督 チェ・ジョンテ
出演 イ・ジュンギ
イ・ムンシク
制作年度 2006年
本編時間 117分
製作国 韓国

ライター:atarasiya0531