主人公の姿が毎回変わる異色作「ビューティー・インサイド」

 - アジア映画

   

「ビューティー・インサイド」は、目覚める度に容姿が変わってしまう主人公が織りなす、恋のお話です。
監督は、CMやミュージックビデオの制作などで活躍しているペク(ペク・ジョンヨル)で、こちらが初映画監督作品になります。
主人公がデザインする素敵な家具にも心奪われる「ビューティー・インサイド」の魅力に迫ります。

ファンタジー恋愛映画「ビューティー・インサイド」の内容は?

ビューティー・インサイド出典:http://www.behindthecurtain.com/reviews/the-beauty-inside-2015/

18歳の時から、一度寝て目が覚めると老若男女問わず姿が変わってしまう、家具デザイナーのキム・ウジン。ある日、家具専門店で出会ったホン・イスに一目惚れしたウジンは、イケメンの容姿になった時を待ってデートに誘います。2人は惹かれ合いますが……。
毎日姿が変わってしまうウジンを、イスは受け止めることができるのか?相手を思いやる2人のピュアな愛に注目です。

キャスティングに注目!新人からベテランまで様々なウジンが登場

見どころの一つとして、1人のウジンを123人もの俳優が演じています。
俳優陣が豪華で、キム・ジュヒョク、イ・ボムス、パク・シネ、ユ・ヨンソク、イ・ドンウクなどの人気俳優に加え、日本の人気女優・上野樹里もウジン役を熱演しています。
小さい子供、可愛い女性、好青年、おじさん、おばあさんなど、毎日ガラリと容姿も雰囲気も全て変わってしまうので、『沢山の新しいウジン』に出会えてお得な気分になれます。

ヒロインを演じるハン・ヒョジュと脇を固める俳優陣にも注目!

ウジンに愛される美しい女性イスを演じるのは、ハン・ヒョジュ。韓国ドラマ『春のワルツ』『華麗なる遺産』『トンイ』などで主役を演じ、清純派女優として人気を得ています。今回の作品では、芯が強くて優しい女性を見事に演じていて、ウジンを愛しながらも苦悩する姿が、切なくて涙を誘います。
また、ウジンの秘密を知っているお母さんとお友達の温かい愛も、見どころの一つです。ウジンのお母さん役のムン・スクの、全てを理解して包み込んでくれるような雰囲気に心癒されます。そして、ウジンの親友サンベク役イ・ドンフィの個性的で存在感たっぷりの演技が微笑ましく、作品に彩りを添えています。

ウジンとイスの複雑なラブロマンスに心震える「ビューティー・インサイド」。
『真実の愛とは何か?』『人は容姿が変わっても、その人の全てを愛することができるのか?』を考えさせられる、奥深い映画です。そして『本当の恋がしたいな』と思わせてくれます。

ビューティー・インサイドの動画を見る

題名 ビューティー・インサイド
監督 ペク
出演 ハン・ヒョジュ
パク・ソジュン
制作年度 2015年
本編時間 127分
製作国 韓国

ライター:まりも