ドニー・イェン主演の歴史アクション映画「三国志英傑伝 関羽」

 - アジア映画

   

「三国志英傑伝 関羽」はアラン・マックとフェリックス・チョンが監督と脚本を手掛けた作品。中国において三国志は偉大な史実なので、制作する側も大きな責任があります。そんな本場中国が制作した三国志の世界について紹介します。

気になる「三国志英傑伝 関羽」のあらすじ紹介

三国志英傑伝 関羽出典:http://blogs.yahoo.co.jp/kkkoichii/23684326.html

「三国志英傑伝 関羽」は三国が戦いに参加した『赤壁の戦い』の後の話です。関羽が曹操軍に捕らわれてから、劉備の元へ帰るまでを描いた作品です。曹操の命令とは逆に、関羽を簡単には劉備の元に帰したくない配下との戦いを描いています。関所を通過しなければ劉備の元に帰れませんが、果たしていくつもの関所を越えられるのかが見どころです。

中国における「三国志英傑伝 関羽」や関羽とは?

「三国志英傑伝 関羽」を本場中国で制作する時は、かなりの力を入れて制作されました。日本では劉備と共に戦った英傑の一人で人気の武将でもありますが、中国では関羽は神格化された人物の一人して、昔から多くの人に崇拝されてきました。だからこそ関羽に焦点を当てた映画が制作されるので、神格化された人物の映画に力が入らない訳ありません。本場中国人が描く関羽の姿をじっくりと観ることができます。

豪華キャストが出演している「三国志英傑伝 関羽」

「三国志英傑伝 関羽」に登場するキャストとして、関羽役には中国だけでなくハリウッドでも活躍をしているドニー・イェンが担当。曹操役には役者や監督としても活躍をしているチアン・ウェン。その他にも豪華なキャストが出演をしています。張梁を演じたのはシャオ・ビンで、三国志ファンには見逃せない関羽との関係が気になります。どっぷりと三国志の世界観にのめり込むことができます。

「三国志英傑伝 関羽」は中国人が制作しているので、本場の関羽がどういう人物なのかを知ることができます。三国志ファンには有名なシーンのひとつに焦点を当てた映画なので、じっくりと観ることができます。

三国志英傑伝 関羽の動画を見る

題名 三国志英傑伝 関羽
監督 フェリックス・チョン
アラン・マック
出演 ドニー・イェン
チアン・ウェン
制作年度 2011年
本編時間 109分
製作国 中国

ライター:ヒムロン