リアリティー溢れる刑事アクション「ワイルド・カード」

 - アジア映画

   

2003年に韓国で公開された韓流映画です。注目の若手俳優ヤン・ドングン主演で韓国では160万人を動員したヒット作です。まるで現実を見ているかのような本格的刑事アクションで、刑事という職業にまつわるドラマを感じることができる映画です。

「ワイルド・カード」の背景

ワイルド・カード出典:http://www.hancinema.net/korean_movie_Wild_Card.php

事件発生の通報を受けた刑事オ・ヨンダルとパン・ジェスは、直ちに捜査に着手します。人のいない地下鉄で発見された女性の死体を見た2人は、必ず犯人を見つけてやると意気込むような仲です。2人は一日中聞き込みと潜伏をします。そして情報を集め事件のカギを見つけていく中で、さらなる犠牲者が出てしまいます。これ以上の犠牲者を防ぐため暴力団の捜査網を総動員して捜査に入ります。

「ワイルド・カード」の見どころ

この映画はガチガチの刑事映画ではなく、感動と笑いも多く盛り込んだ傑作映画です。ストーリーの流れもスムーズで、飽きずに最後まで堪能できます。さらっとしたストーリーですがその中には深い内容が込められています。最後の犯人チームとの決戦シーンでは現場を襲うために刑事が総出動します。クライマックスを迎えるこのシーンはまさに必見です。

「ワイルド・カード」の役者陣

監督のキム・ユジンと脚本のイ・マニがコンビを組んで作り上げた映画のうちの一つです。主演のヤン・ドングンは持ち合いのユニークさと個性の強さがしっくりくるくらいはまっています。ハン・チェヨン演じるカン・ナナはさらにそれを際立たせています。強盗団には、「1942 奇談」のイ・ドンギュや「春夏秋冬そして春」で少年を演じたソ・ジェギョンが登場します。

堅苦しくない面白さ、楽しさ、そして刑事たちのアクションエンターテインメント。のめり込むこと間違いなしの刑事映画です。

ワイルド・カードの動画を見る

題名 ワイルド・カード
監督 キム・ユジン
出演 ヤン・ドングン
チョン・ジニョン
制作年度 2003年
本編時間 114分
製作国 韓国

ライター:keroro5