本木雅弘主演の邦画が原作!韓国のコメディ映画「正しく生きよう」

 - アジア映画

   

「正しく生きよう」は、2007年に韓国で製作され、公開と同時に韓国で大ヒットしたコメディ映画です。警察官たちの強盗事件の予行訓練をテーマにしたコメディで、本木雅弘主演の邦画「遊びの時間は終わらない」が原作になっています。

ただの予行訓練だったはずが思わぬ事態に!

正しく生きよう出典:https://asiandramaddict.wordpress.com/2008/08/30/going-by-the-book-is-totally-funny/

舞台は強盗事件が多発するサンポ市の警察署。そこへ新しく赴任してきた署長イ・スンウは、強盗事件の予行訓練を行うことに。しかし、犯人役に選ばれたのは真面目な性格の交通課巡査のチョン・ドマンでした。彼があまりにも完璧に犯人役をこなしてしまったことから、訓練は思わぬ方向へと向かうことに……。じわじわ笑える大ヒットコメディです。

原作は邦画「遊びの時間は終わらない」

この作品の元になったのは、1991年に公開された萩庭貞明監督の「遊びの時間は終わらない」。融通の利かない真面目すぎる犯人役の警官を、元シブがき隊の本木雅弘が演じています。その他にも、石橋蓮司や萩原流行など、豪華なキャストによって撮影されました。監督は「難波金融伝・ミナミの帝王」でもメガホンを取った萩庭貞明です。

脚本は韓国コメディ界の名監督チャン・ジン

今作の脚本を担当したのは、2005年に公開された「トンマッコルへようこそ」でも脚本を担当したチャン・ジン。彼は脚本家以外にも、監督としても活動しており、韓国のコメディ映画界では有名人物の一人です。また、この作品の監督を担当したのは、今作がデビュー作のラ・ヒチャン監督。そして、主演は「トンマッコルへようこそ」にも出演したチョン・ジェヨンです。

普段なかなか見ることのない警察官たちの訓練をテーマにした、じわじわ笑えてくる良質なコメディ映画です。

正しく生きようの動画を見る

題名 正しく生きよう
監督 ラ・ヒチャン
出演 チョン・ジェヨン
ソン・ビョンホ
制作年度 2007年
本編時間 102分
製作国 韓国

ライター:おれんじ