シン・ハギュン主演、奇想天外なSFムービー「地球を守れ!」

 - アジア映画

   

「地球を守れ!」は2003年に韓国で公開されたSF作品です。宇宙人の侵略を信じている男と宇宙人に間違われた男の対決を描いた作品であり、主演シン・ハギュンのぶっとんだ演技は一見の価値ありです。SFだけでなく、コメディや感動できる要素も含まれたエンタメ作品となっています。

主人公は宇宙人を信じて疑わない男。果たしてそれは真実か妄想か

地球を守れ!出典:https://expresselevatortohell.com/2013/04/02/save-the-green-planet-2003-review/

主人公のイ・ビョング(シン・ハギュン)がアンドロメダ星雲からやって来た宇宙人から地球を守るというストーリーです。日ごろの調査から製薬会社の社長(ペク・ヨンシク)が宇宙人であると確信したビョングは彼を拉致監禁し、自白させる為に拷問を始めます。宇宙人と疑わない主人公ですが、果たして真実なのか妄想なのか最後まで楽しめる作品です。

シン・ハギョンとペク・ヨンシクの吹っ切れた演技が魅力

シン・ハギョンは地球防衛隊長としてエイリアンを研究し、パトロールまでしている変わった人を演じています。一本ネジがはずれてしまったような狂気を感じさせる演技を披露しており、このような役をさせたら韓国で右にでる人はいないでしょう。宇宙人と間違われる社長を演じるペク・ヨンシクは拷問されるシーンで体をはったリアクションを行っており、見ている人を爆笑させてくれます。

衝撃的なラスト。主人公のバックボーンにはいったい何が。

物語の多くは自白させようとする拷問シーンとなっており、あらゆる手を使って社長に自白させようとします。時には攻守が交代して主人公がピンチになることも。ここまでやってくれるんだというおバカなシーンが多い作品ですが、ラストには衝撃的な結末が待っており、主人公の悲劇を知ることで映画の見方が大きく変わる作品です。

「地球を守れ!」は宇宙人を信じる男が地球を守ろうと奮闘する物語です。韓流ブームとは正反対の作品でありながら、韓国映画の幅の広さやパワーを感じることができる作品です。

地球を守れ!の動画を見る

題名 地球を守れ!
監督 チャン・ジュナン
出演 シン・ハギュン
ペク・ユンシク
制作年度 2003年
本編時間 117分
製作国 韓国

ライター:ファンキーゴリラ