正義のために国家権力に挑む「国選弁護人ユン・ジンウォン」

 - アジア映画

   

「国選弁護人ユン・ジンウォン」は2015年に韓国で製作された法廷サスペンスです。2009年に実際に起きた再開発に伴う強制撤去現場における死亡事件を扱っており、「今」が舞台となっているリアルで身近に感じることができる作品です。

韓国の実力派キャストが総出演

国選弁護人ユン・ジンウォン出典:http://puriushi.blog.fc2.com/blog-entry-1067.html

主演を演じているのは「最高の愛?恋はドゥグン・ドゥグン?」や「プンサンケ」に出演しているユン・ゲサン。映画だけでなく、テレビドラマでも活躍しており、韓国では大人気の俳優です。今作では国家権力である検察に戦いを挑む勇敢な弁護士の役を好演しています。他にも「ベテラン」のユ・ヘジンや「渇き」のキム・オクビンなどが出演しています。

再開発の強制撤去で起きた死亡事件には裏があった

再開発地区現場で起きた警察と住民との衝突により、警察官とその容疑者の息子が死亡します。国選弁護人に任命されたパク・ジェホ(ユン・ゲサン)は関係者の証言の食い違いからこの事件には裏があることを知ります。調査を行っていくうちに裏に政府や大統領府がいることがわかり、ユン・ジウォンは国家権力を相手に裁判で戦います。

実際の事件にインスパイアされた作品

2009年に実際に起きた強制撤去事件にインスパイアされている作品であり、まさに今の時代が舞台になっている映画です。平和に見える世の中にもまだまだ闇の部分があることが良くわかります。社会では闇に立ち向かうヒーローが渇望されており、ユン・ジンウォンはまさにそのヒーローにあたります。権力に真っ向から立ち向かうユン・ジンウォンはかっこよく、二転三転する展開は一見の価値ありです。
「国選弁護人ユン・ジンウォン」は実際に韓国で起きた死亡事件にインスパイアされた作品です。権力に潜む闇に立ち向かう国選弁護士の勇敢な戦いを描いており、見ごたえのある映画です。

国選弁護人ユン・ジンウォンの動画を見る

題名 国選弁護人ユン・ジンウォン
ジャンル サスペンス/ミステリー
監督 キム・ソンジェ
出演 ユン・ゲサン
ユ・ヘジン
制作年度 2015年
本編時間 126分
製作国 韓国

ライター:ファンキーゴリラ