「愛を歌う花」妓生の世界で巻き起こる三角関係に、韓国の実力派俳優が挑む

 - アジア映画

   

妓生(キーサン)とは、朝鮮における芸者のこと。様々な場で歌や舞踊を行い、人々を楽しませた。「愛を歌う花」ではそんな妓生を養成するための学校で起こる、少女と親友、作曲家の男の間のドラマ、それぞれの生き様を描き出す。

「愛を歌う花」のあらすじ

愛を歌う花出典:http://u0u0.net/CKPy

1943年の朝鮮。優れた美貌のソユル(ハン・ヒョジュ)と、天性の歌声を持つヨニ(チョン・ウヒ)。幼馴染同士の二人は京城府の妓生養成学校で切磋琢磨する日々だった。そんな時、作曲家として名の売れたユヌ(ユ・ヨンソク)は新曲を作る中で、心に響くヨニの歌声に魅了される。歌手になることを夢見るソユルはヨニに次第に嫉妬心を抱き、ソユル・ヨニ・ユヌの三人の関係が少しずつ歪み始めていく。

三角関係を描くのは韓国を代表する俳優たち

愛を歌う花出典:http://englishyk44.tistory.com/67

ソユル役は、「ビューティー・インサイド」「王になった男」のハン・ヒョジュが務めている。今や韓国のラブロマンスに無くてはならない存在になった彼女が、嫉妬から始まる心の動きをどう表現するかに注目だ。対してヨニ役は「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」で高い演技力を見せつけたチョン・ウヒ。個性に裏打ちされた演技で視聴者の心を掴んで離さない。作曲家ユヌ役は「尚衣院-サンイウォン-」「私のオオカミ少年」に出演したユ・ヨンソク。今作では華麗なピアノの演奏シーンなどもあり、これでまた女性ファンが増えてしまうのではと我々を心配(嫉妬?)させてくれる。

愛を歌う花の動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 愛を歌う花
ジャンル ドラマ
監督 パク・フンシク
出演 ハン・ヒョジュ
ユ・ヨンソク
チョン・ウヒ
制作年度 2016年
本編時間 120分
製作国 韓国

ライター:アジノモト