「チョコリエッタ」世界はクソまみれだ。人を殺したい。変わり者を菅田将暉が演じる

 - 邦画

   

「渇き。」で圧倒的な存在感を見せつけた森川葵と、「溺れるナイフ」主演の勢いのある俳優・菅田将暉のコンビで送る「チョコリエッタ」。男女がカメラを片手に旅に出る、ロードムービーの側面を持った青春ドラマだ。

「チョコリエッタ」のあらすじ

チョコリエッタ出典:http://www.suzufukudo.com/chokolietta/

人間なんてまっぴらだ。幼い頃に母を亡くしてから、知世子(森川葵)はずっとそう思っていた。心を許せる存在の愛犬ジュリエッタが半年前に亡くなり、ますます孤独を感じていた。そんな時に、母が好きだった映画「道」を、映画研究会のOB・正宗(菅田将暉)と一緒に観る機会が生まれる。互いに興味を持った二人は次第に意気投合し、正宗は知世子を主役にした映画を撮ろうと提案する。

フェデリコ・フェリーニの「道」

チョコリエッタ出典:http://buta-neko.net/entame/archives/2016/01/chokorietta.html

この映画では、フェデリコ・フェリーニ監督の代表作「道」を思わせる要素が色々な部分に使われている。作品全体が「道」へのオマージュになっているのはもちろん、実際に「道」を鑑賞するシーンが登場したり、作中で使われる名前が「道」を匂わせるものだったりと様々である。知世子はジェルソミーナであり、同時にザンパノであると私は思う。「道」を観てからだとより一層楽しめる映画になっているだろう。

チョコリエッタの動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 チョコリエッタ
ジャンル 青春
監督 風間志織
出演 森川葵
菅田将暉
制作年度 2014年
本編時間 159分
製作国 日本

ライター:三田・E・クラーラ