「柘榴坂の仇討」 “桜田門外の変”の裏側を描く、中井貴一と阿部寛のヒューマンドラマ

 - 邦画

   

1860年3月24日、彦根藩主・井伊直弼が暗殺される事件が起こりました。俗に『桜田門外の変』と呼ばれるこの事件は、歴史上の大事件として有名で、聞き覚えのある人も多いのではないでしょうか。「柘榴坂の仇討」はそんな事件を元に構想された浅田次郎の小説を映画化したものです。

「柘榴坂の仇討」のあらすじ

柘榴坂の仇討出典:https://www.asiafull.com/snow-blades-2014/

彦根藩士の志村金吾(中井貴一)は剣の才能に秀でた男。大老・井伊直弼(中村吉右衛門)の籠番に選ばれるという大抜擢を果たし、直弼に心からの忠誠を誓った。しかし、ある時『本日大老を暗殺しにいく』と書かれた手紙を発見、宣告通り直弼は暗殺されてしまう。これが歴史上有名な『桜田門外の変』である。直弼を守り切れなかった事を悔やむ金吾は自害しようとするが、命と引き換えに直弼を暗殺した浪人5人の逮捕を命じられる。この瞬間から、金吾は仇討ちのために生きる身となった。

歴史スペクタクルを豪華キャストで演出

柘榴坂の仇討出典:http://grappatei.hatenablog.com/entry/2014/09/23/143308

主人公となる志村金吾を、「四十七人の刺客」「壬生義士伝」など、歴史モノの映画で個性を発揮した中井貴一が演じています。そんな金吾の因縁の相手である佐橋十兵衛の役は、「チーム・バチスタの栄光」「テルマエ・ロマエ」などで幅広い演技を見せた阿部寛が務めます。その他にも、広末涼子、中村吉右衛門、高嶋政宏など豪華なキャスティングが目を引きます。監督は、「沈まぬ太陽」「夜明けの街で」などを手掛けた若松節朗。

柘榴坂の仇討の動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 柘榴坂の仇討
ジャンル 時代劇/歴史
監督 若松節朗
出演 中井貴一
阿部寛
制作年度 2014年
本編時間 119分
製作国 日本

ライター:気付いたら家