「パルコフィクション」渋谷のファッションビル“パルコ”で巻き起こる様々なストーリー

 - 邦画

   

渋谷を象徴するファッションビルである“パルコ”は、現在建物の老朽化対策のため一時的に休業しており、2019年秋頃にリニューアルオープンする予定とされている。この映画「パルコフィクション」は、そんなパルコを舞台に展開される映画だ。

「パルコフィクション」のあらすじ

パルコフィクション出典:http://picturesdept.com/jp/titles/parcofiction/

知られざるネーミングの裏側を描く『パルコ誕生』。“封筒を開けなかったら合格”と言われた求職中の女性が奮闘する『入社試験』。パルコのCMに反応してしまう祖母とそれを気にする孫娘の物語『はるこ』。グランバザールが始まるパルコでお目当ての品を確保しようとする『バーゲン』。パルコの店員と警備員の恋愛模様を綴る『見上げてごらん』。以上5つの短編と、エンディングから成る映画だ。

パルコ常連にはたまらない?パルコ要素の数々

パルコフィクション出典:http://s.rbbtoday.com/article/2007/12/11/47171.html

2002年に製作されたこの映画では、“休業前の、少し昔のパルコ”を楽しむ事ができる。奇想天外な5つの物語から成るオムニバス映画で、それぞれの物語・それぞれの登場人物にドラマがあり、そしてそのどれにも深くパルコが関わっている。この映画は渋谷パルコ8Fに存在した映画館シネクイントで上映されるなど、作品全体にパルコが深く関わっていた。パルコにお世話になっていた人にぜひ見て欲しい作品である。

パルコフィクションの動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 パルコフィクション
ジャンル コメディ
監督 矢口史靖
鈴木卓爾
出演 田中要次
相馬剛三
制作年度 2002年
本編時間 65分
製作国 日本

ライター:三田・E・クラーラ