映画『貞子vs伽椰子』恐怖のJホラー映画の頂点対決!遂に実現!

 - 邦画

   

映画『貞子vs伽椰子』恐怖のJホラー映画の頂点対決!遂に実現!

今回、ご紹介するホラー映画は『貞子VS伽椰子』つまり「リングVS呪怨」!
昭和世代の方には馴染みが深いですが、「貞子3D」なども最近の若い世代の方に人気です。

貞子vs伽椰子出典:http://sadakovskayako.jp/

遂に6/18(土)神降臨ならぬ悪魔が降臨するのです!ホラー映画ファンには堪らない
1作品なので、観客動員数などが気になるところです。

皆さんご存知でしょうか。日本でのホラー映画で最も有名といっても過言ではリングと呪怨。おさらいを込めて2作品を少し紹介します。

配給収入10億円の大ヒット!「リング」

リング出典:http://www.crank-in.net/movie/news/33446

主人公の浅川玲子が都市伝説にまつわる取材の中で見ると1週間後に死ぬという呪いのビデオの噂を聞く。またそのビデオを見た男女が死亡しており、数日前に謎の死を遂げた姪の死亡時刻を同じだということに気づき、真相を探ぐっていくというストーリー。

当時は、まだ、VHSも普及していたので、よりリアリティがある設定が恐怖感を演出してました。

この作品で爆発的な人気が出た「貞子」ですが、リングでは、顔を見せない、片目のみをアップにしたり、全体を映さない、古井戸から這いあがってくるなど、当時のホラー映画の中でも、斬新な演出でした。

貞子出典:http://lakatan.net/archives/29904115.html

リングの動画を見る

リングにも負けない!?母と子供が怖すぎる「呪怨」

呪怨出典:http://www.officiallyjd.com/archives/202220/20121221_gourikiayame_15/

主人公の仁科理佳は、老人介護のボランティアである日、担当の人に連絡が取れないということで、理佳は急遽、介護の必要な徳永幸枝の様子を見に、徳永家を訪問することに。ノックをして応答はなく、玄関は施錠がされていないため理佳はドアを開いて中に、、、「家」で恐怖を体験していくというストーリー。

伽椰子、俊雄出典:http://bakusuro.com/2015/11/post-4317/

「呪怨」の映画では、伽椰子とは、どういった人物なのか、剛雄が伽椰子を手にかける理由などが詳細書かれてはいないため、私としては、小説を合わせて読むとグッと理解が深まるからおススメ。

呪怨 劇場版の動画を見る

久しぶりに見ようかな。皆さんも一度見てみてください。

ライター:Jホラー好き