『リアル鬼ごっこ 2015劇場版』はなぜ、シリーズで一番面白いのか?

 - 邦画

   

2008年に第一作が公開されて以降、5作が公開されてきた人気シリーズ「リアル鬼ごっこ」の最新作は、これまでとは装いがまったく違っています。ある一定の条件を持ったものが殺されていくという基本設定は同じながら、異なる世界観はどのようにして生まれたのでしょうか? その秘密を、検証してみます。
リアル鬼ごっこ2015出典:http://blogs.yahoo.co.jp/iroirokuroobaa2012/13214581.html

園子温ってどんな映画監督なの?

園子温監督出典:http://www.magabon.jp/special/voice/230_02.html

園子温監督といえば「冷たい熱帯魚」や「地獄でなぜ悪い」のような血塗られた過激表現が注目されがちですが、
その本質は疾走する青春を描いていることにあります。
それは初期の「自転車吐息」から近年の「愛のむきだし」「ヒミズ」まで一貫しています。
園作品の主人公たちは疾走します。実際に走るという表現だけではなく、物語そのものが疾走するスピード感に彩れています。
このため、この「リアル鬼ごっこ 2015劇場版」は、シリーズの最新作というよりは、園子温疾走青春映画の新作としてみるのが正しいのです。

原作に基づいてないのが新しい表現に!

こういったシリーズものの映画を作る時には、原作から逸脱していくのはよくある話です。
しかし、園子温監督は、あえて原作を読まずにオリジナル脚本を書きあげるという、
原作ファンからは反感を買いそうなことをやっています。
.タイトルからのみインスパイアされた、女子高生を主人公にした自由な妄想世界が展開するのです。
かといって、如実に原作を無視したものになっているかといわれれば、そうではありません。
きちんとオチもありますし、物語は破綻する一歩手前で見事にとどまりをみせているのです。

なぜかヨーロッパのファンタジックホラーのような出来

出来上がった作品は、これまでの園子温作品とも異なるテイストの作品になっていました。
たぶん自分が何を演じているのかさえもわからないで、ひたすら逃げているであろう、
3人のヒロイン(篠田麻里子、トリンドル玲奈、真野恵理菜)。
トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵理菜出典:http://www.asahi.com/articles/ASH7G2QJJH7GPTFC001.html

女子高生だから殺されるというだけなく、なんだか不思議な世界へと迷い込んでいるようです。
いうなれば、永井豪のSFマンガのような世界観が、ヨーロッパ映画のゴシックホラーのようなきらびやかな映像で語られていくのです。

リアル鬼ごっこ2015の動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 リアル鬼ごっこ 2015劇場版
ジャンル ホラー
監督 園子温
出演 トリンドル玲奈
篠田麻里子
制作年度 2015年
本編時間 85分
製作国 日本

ライター:入穂流夏