城に帰るまでが参勤交代!それなのに帰る城がない!?知恵で窮地を抜け出せ!「超高速!参勤交代リターンズ」

 - 邦画

   

2014年に公開され、大ヒットを記録した「超高速!参勤交代」。第38回日本アカデミー賞他を受賞するなど、高い評価を得ているこの作品の続編「超高速!参勤交代リターンズ」がついに登場した。藩に帰るまでが参勤交代。しかし、お金もない、人もいない、時間もない!あまつさえ帰る城もない!?かつてない窮地を前に貧乏藩主が再び走る!前作よりスピードも笑いもさらにパワーアップした「超高速!参勤交代リターンズ」を紹介する前に、一度前作の「超高速!参勤交代」を振り返る。

「超高速!参勤交代」って?

超高速!参勤交代リターンズ出典:http://cinemanavi-wife.blog.jp/tag/%E6%B7%B1%E7%94%B0%E6%81%AD%E5%AD%90

「超高速!参勤交代」は、江戸時代に実在した磐城国(現・福島県いわき市)の湯長谷藩を舞台にした時代劇である。享保20年、湯長谷藩の金山を狙う老中松平信祝により、藩主内藤政醇に参勤交代の命が下る。それも、『本来10日かかる道のりを4日で参勤せよ』というもの。湯長谷藩は1万5000石の弱小貧乏藩で金も人手無い。しかし、何とか知恵をひねり出して政醇とその家臣たちは江戸を目指す。主演には佐々木蔵之介を起用。その他、深田恭子、西村雅彦、寺脇康文、知念侑李(Hey!Say!JUMP)など、豪華キャスト陣が揃う。また、この作品の時代劇の常識を覆す高いエンターテインメント性は幅広い年齢層から支持され、大ヒットを記録した。

“参勤”の次は“交代”!倍速で戻らなければ藩はお取り潰しの窮地で再び走る!

超高速!参勤交代リターンズ出典:https://japanesefilmfestival.net/film/samurai-hustle-returns/

続編の「超高速!参勤交代リターンズ」は、前作で政醇らが参勤交代を達成した一か月後から始まる。参勤で持ち金を使い果たしてしまった政醇らは、それぞれの特技で藩に帰るための資金を稼いでいた。そこに湯長谷藩で一揆が勃発したという知らせが入る。二日以内に藩へ戻らなければお取り潰しという状況に、政醇は参勤の倍の速さで藩に戻ることを決意。しかし、参勤以上に金も人もいない。この窮地に再び知恵で挑む。

個性的な家臣たちに思わず笑ってしまうこと間違いなし!

超高速!参勤交代リターンズ出典:http://hobot2.blog.so-net.ne.jp/2016-09-20

劇中では個性豊かな家臣たちが登場する。口うるさいが冷静で頭のいい相馬(西村雅彦)。剣術の腕が立ち、頼れるリーダーの荒木(寺脇康文)。猿の菊千代を連れ、千里眼を持つ増田(柄本時生)。弓の名手で整った容姿から女性にモテモテの鈴木(知念侑季)。料理番でムードメーカーの今村(六角精児)。彼らと藩主の内藤政醇(佐々木蔵之介)が織りなすドタバタ参勤道中には思わず笑みがこぼれてしまう。そして彼らは非常に忠信深く、何があっても政醇に従うその姿は、まさに真の武士であるといえるだろう。時代劇でありながら笑えて痛快なこの作品は友達や家族と一緒に楽しめるだろう。前作を見ていないならば、前作と一緒にこの作品を視聴してみてはいかがだろうか。

超高速!参勤交代リターンズの動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 超高速!参勤交代リターンズ
ジャンル コメディ
監督 本木克英
出演 佐々木蔵之介
深田恭子
制作年度 2016年
本編時間 119分
製作国 日本

ライター:fyu_03