「欲動」インドネシア・バリ島でオールロケ!夫婦役は三津谷葉子と斎藤工

 - 邦画

   

病に苦しむ夫とその妻の関係から、愛情や生死にまつわる欲求を描き出す「欲動」。主演を務めるのは「東京大学物語」「ITバブルと寝た女たち」の三津谷葉子と、「スキトモ」「春琴抄」の斎藤工。彼らの人間味あふれる演技に要注目だ。

「欲動」のあらすじ

欲動出典:https://eigapedia.com/movie/taksu

ユリ(三津谷葉子)と千紘(斎藤工)は、千紘の妹の出産に立ち会うため、インドネシアのバリ島にやってきていた。しかし千紘は心臓に重い病を抱えており、バリ島へ飛ぶだけでも危険を伴うものだった。看護師として働くユリはそんな千紘を支えていたが、些細な事で口論となってしまう。口をついて出た千紘の暴言から、ショックを受けてその場を去ってしまうユリ。一人になったユリはカフェで日本人男性の木村(高嶋宏行)に誘われて、気分転換にナイトクラブへと出かける。そこで出会った地元の男・ワヤン(コーネリオ・サニー)がユリに熱い視線を向けていた……。

全編バリ島でロケーションを慣行

欲動出典:http://tapio.at.webry.info/201411/article_5.html

ビーチリゾートとして人気のバリ島は日本でも有名な観光地。この映画はバリ島を舞台に製作されており、バリ島でオールロケーションが行われた。美しい自然や音楽・舞踏などの伝統文化もふんだんに盛り込まれている。異国情緒たっぷりな映像の中で、男女の本質的な性愛や生きることへの強い願望など、人間の本源的な欲求にまつわるストーリーが展開されている。若いカップルよりは、年季の入った夫婦に見て貰いたい映画だと私は感じた。

欲動の動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 欲動
ジャンル ドラマ
監督 杉野希妃
出演 三津谷葉子
斎藤工
制作年度 2014年
本編時間 97分
製作国 日本

ライター:三田・E・クラーラ