「お父さんと伊藤さん」お父さん、伊藤さん、そして私。奇妙な共同生活が始まる

 - 邦画

   

「百万円と苦虫女」「ふがいない僕は空を見た」などで女性特有の視点を描く気鋭の映画監督として注目されているタナダユキの2016年公開作品「お父さんと伊藤さん」。中澤日菜子の同名の小説を原作としている。

「お父さんと伊藤さん」のあらすじ

お父さんと伊藤さん出典:http://blog.goo.ne.jp/ccw33410/e/e40016fef6981e1efe7c6f7c6592e961

書店のアルバイト店員をしている34歳の山中彩(上野樹里)は20歳年上のバツイチ男性・伊藤康昭(リリー・フランキー)と付き合っている。小さなアパートで同棲する二人はささやかな生活を楽しんでいた。そんな二人の元に、突然彩の父(藤竜也)がやってくる。話を聞くと、息子の家を追い出されたという。『この家に住む!生活費は自分で払う!』と言い出してきかない彩の父。かくして少し不思議な三人の共同生活が始まったのだった。

個性・実力共に申し分ないトリプルキャスト

お父さんと伊藤さん出典:http://post.naver.com/viewer/postView.nhn?volumeNo=6895503&memberNo=30772931

自由気ままなアルバイト生活を送る彩を演じるのは上野樹里。大ヒットした初主演作品「スウィングガールズ」の頃と比べるとだいぶ落ち着きが出てきてはいるが、今作では彼女らしい天真爛漫な姿で演技をしているのが好印象だ。
給食センターで働いているバツイチの伊藤さんを演じるのはリリー・フランキー。自身の手掛けるアート作品だけでなく、「ぐるりのこと。」や「凶悪」などに出演してその演技の幅を見せつけた。今作でも持ち味を生かした好演を見せている。
そして、どこか憎めないキャラクターの彩の父を演じるのはベテラン俳優の藤竜也。「野獣を消せ」「友よ、静かに瞑れ」など古き良き作品だけでなく、近年では「柘榴坂の仇討」「サクラサク」などで名バイプレイヤーとして活躍している。今作では彼が主役と言ってもいいくらいのアクの強さを見せつけている。その存在感に圧倒されることだろう。

お父さんと伊藤さんの動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 お父さんと伊藤さん
ジャンル コメディ
監督 タナダユキ
出演 上野樹里
リリー・フランキー
藤竜也
制作年度 2016年
本編時間 119分
製作国 日本

ライター:安養寺