ネタバレしてても面白いって噂の「イニシエーション・ラブ」

 - 邦画

   

原作は第58回日本推理作家協会賞長編・連作短編集部門候補作にもなったベストセラー。
原作とラストが違うことが予告されていたのでそれを楽しみに見た人も多いのではないでしょうか?
昭和時代の人には懐かしのBGMも嬉しく、若い世代には人気の松田翔太と前田敦子の共演が注目されました。

イニシエーション・ラブ出典:http://doomou.net/2015/04/21/inisiesyonlove/

話題となった「イニシエーション・ラブ」

松田翔太、前田敦子出典:http://www.cinematoday.jp/page/A0004552

主演はイケメン実力派俳優として人気の高い松田翔太。ヒロイン役にはAKB48の絶対的エースとして君臨し、
2012年に卒業後は女優として活躍している前田敦子という旬な2人、
そして「たっくん」の浮気相手として登場するのは人気女優・木村文乃。
監督は「TRICK」や「ケイゾク」などの大ヒットドラマ・映画を作り出した堤幸彦。
キャスト・スタッフ勢を見るだけでも気になる映画ですが、さらに原作ファンをも喜ばせているのは、
side-Aとside-Bからなる構成は原作と同じですが、映画のラストシーンは原作とは異なるということ。
そしてそのラストを知ったうえでもう一度見たくなる!と言われている映画なんです。

作者・乾くるみってどんな人?

乾くるみ出典:http://xn--q9jb1h4h9cqhlgr559b2ksbtvd.jp/inuikurumi-4956

小さな頃からミステリー好きだった乾くるみ。大学在学中に江戸川乱歩賞に挑戦するも一次選考にも残れませんでした。
その後、小説の世界とは正反対のイメージのあるIT企業に就職し、ソフト開発の仕事に携わります。
転機は1998年、34歳の時。第4回メフィスト賞を受賞し作家デビューを果たします。
その後はミステリー作家として人気を博していきます。
映画化された「イニシエーション・ラブ」は恋愛小説でありながらミステリーとも言われている大傑作で、
テレビや雑誌等でたびたび紹介され130万部を超える大ベストセラーとなりました。

可愛すぎる前田敦子にも注目!

前田敦子出典:http://actresspress.com/atsukomaeda-initiationlove/

トップアイドルでもあった前田敦子。アンチ前田敦子だった人たちでさえも「可愛い」ことを認めざるをえないほどの
可愛さを見せつけ、この映画で、ファン層をさらに拡大したのではないでしょうか。
また、前田敦子が演じる「まゆ」の無邪気な天使のような姿。そして最後に見せる小悪魔を通り越して悪女な表情。
その色んな表情は、アイドル女優だと見くびっていた人たちを脱帽させる結果にもなりました。

イニシエーション・ラブの動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 イニシエーション・ラブ
ジャンル 恋愛/ラブストーリー
監督 堤幸彦
出演 松田翔太
前田敦子
制作年度 1963年
本編時間 119分
製作国 アメリカ

ライター:himary