さそうあきら原作の人気漫画を映画化!オーケストラの魅力満載の「マエストロ!」

 - 邦画

   

さそうあきら氏の原作を映画化

マンガ家さそうあきら氏の原作を映画にした本作は、松坂桃李と西田敏行の初共演でも話題に。また、フルート奏者のヒロインにはシンガーソングライターのmiwaが初めて演技に挑戦したりと、キャスティングの面でも話題性抜群の人気作です。

マエストロ!出典:http://www.cinematoday.jp/page/A0004581/

題名の「マエストロ」とは、音楽における名手を指した言葉。本作に出てくるマエストロは、西田敏行が演じる指揮者の主人公のことですが、その破天荒な指揮ぶりに笑いながらも思わず引き込まれてしまいます。

再起を賭けた演奏にまつわる人間関係が魅力

マエストロ!出典:http://www.cinematoday.jp/page/A0004581/

解散に追い込まれ、職場を失ってしまった元名門オーケストラの団員達。途方に暮れる彼らの前に再起の話が持ち上がります。しかし、いざ集まってみれば、そこにあったのはボロボロの練習場と、どう見ても変人の指揮者、天道でした。彼の破天荒な指揮のもとに、なんとか再起のための演奏練習をこなしてくメンバーたちですが、その中で、コンサートマスターを務める香坂だけは、指揮者である天道の秘密を知ってしまいます。それがきっかけとなって、天道に対して悪感情を抱いてしまう香坂。周りの楽団員が徐々に天道を信頼し、失った自信を取り戻していく一方で、彼だけはどうしても天道に対する不信感をぬぐえません。そしてそのまま本番に臨むわけですが、ラストで待っている意外な展開が見るものを惹きつけます。

また、その過程での笑い溢れる奇想天外なストーリーも見どころで、設定やキャスティングだけではない「魅せる」一幕が多いのも魅力的でしょう。

プロの「演技」に注目

マエストロ!出典:http://www.cinematoday.jp/page/A0004581/

演奏シーンが出てくる映画で難しいのが、やはり「演技」でしょう。プロの演奏者でもなければそれなりのキャリアを積んでいるわけでもない俳優が、それらを「演じる」わけですから、それなりの技術を求められることは想像に難くありません。※演奏は吹き替えなしのようです。

本作でも、マエストロである西田、コンサートマスターである松坂桃李にはそういった難しさがあったでしょう。しかし、そこは二人とも流石に一流の俳優です。難しい役どころであるのは事実でしょうが、それを感じさせない安定感のある演技を披露してくれているのが、ファンにとっても嬉しい所です。

このように、見どころ満載の映画、「マエストロ!」。オーケストラのファンでなかったとしても、原作を知らなかったとしても、一度見てみて損はないオススメの一作です。

マエストロ!の動画を見る

ライタープロフィール

ハニー・バニー
ハニー・バニー
邦画も洋画も何でも見る雑食派の映画好きです。人気のある鉄板映画より、クセの強い意外性抜群の映画が好きです。投稿者名はタランティーノ映画、「パルプ・フィクション」の登場人物の引用。

ライター:ハニー・バニー