小栗旬主演映画「ルパン三世」は、オリジナルストーリーが面白い!

 - 邦画

   

国民的ヒーローと言ってもいい知名度と人気を誇るルパン三世。モンキー・パンチの原作マンガよりアニメ版の方が浸透していますが、2014年の映画『ルパン三世』は、小栗旬を主演に迎え、オリジナルストーリーは、アニメ版には無い面白さがあります。その他見どころは──

アニメと実写の比較も楽しめる!

小栗旬出典:http://plaza.rakuten.co.jp/anelahawaii/diary/201409050000/

人気アニメの実写となると、とにかくファンはキャスティングが気になるところでしょう。まずは主要人物の配役を記しておきます。『ルパン三世』の実写版は1974年にも作られていますので、参考までに、そちらの配役を( )内に記しておきました。

  ルパン三世……小栗旬(目黒祐樹)
  次元大介………玉山鉄二(田中邦衛)
  石川五ェ門……綾野剛(登場せず)
  峰不二子………黒木メイサ(江崎英子)
  銭形警部………浅野忠信(伊東四朗)

コスチュームはアニメに忠実に再現されていました。ルパンは赤ジャケというよりは、深紅という感じですが。小栗ルパンはなかなかいい線いっているのではないでしょうか。

黒木メイサ出典:http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/20/lupin-the-third_n_5853792.html

発表された時点で、不二子は黒木メイサでいいのか的な声は多数聞かれましたが、小栗旬はこう言っています。

黒木さんは、素晴らしかったですよ! 不二子ちゃんの役は、周りからの期待を含め、この作品のキャラクターの中でも一番しんどいキャラクターだと思うんです。大丈夫かなって心配もしていたんですが、いつもりんとして現場で過ごしている姿を見て、この人ってすごく男らしいなって感心しました。

引用:http://ur0.pw/xKf4

ちなみに、ファンの間で、実写版不二子としてよく名前が挙がるのは、藤原紀香ですね。どちらがいいかはご自身の目で確認してください。

オリジナルストーリーの世界に浸る!

玉山鉄二出典:http://grapee.jp/5697

メインとなるお宝は「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」で、これを手に入れた者は世界を支配できると伝えられています。その金庫は「ナヴァロンの箱舟」と名づけられた難攻不落のセキュリティーシステムです。金庫というより要塞って感じですが。

もうひとつの興味は、ルパンたちがまだ仲間になるまえのストーリーが語られることでしょう。これは原作やアニメ版とは異なる独自の設定になっています。ルパン・シリーズのお約束的シーンを期待する人には物足りないかもしれませんが、そのかわり、展開が読めません。とくに銭形警部はキャラ設定自体がかなり独自のものになっています。(脚本・水島力也)

多彩なアクションシーンを満喫!

綾野剛出典:http://topicks.jp/80123

最初に、主要人物たちが一堂に会するギャング映画的アクション・シーンがありますが、ルパンの手口は『ミニミニ大作戦』風です。その他、ハリウッド映画風のアクションが目白押しで、クライマックスの金庫破りの前後は戦争映画風でもあります。そういえば、『ナバロンの要塞』って戦争映画がありましたっけ。(監督・北村龍平)

黒木メイサは、こう言っています。

小栗さんは、アクションの中でもちょっとしたしぐさにルパンっぽさがあるんですよね。

引用:http://ur0.pw/xKf0

そういう細かい演技も見逃せないですね。

永遠に進化し続けるルパン・ワールド!

『ルパン三世』は熱狂的なファンが多いので、いろいろな意見もあるでしょうが、古いファンはこの映画を見ることで、自分はルパンのどこが好きか再確認することができます。TVのスペシャル版あたりからの比較的新しいファンは、迫力ある実写を素直に楽しむことができるでしょう。

ルパン三世の動画を見る

ライタープロフィール

RJラボ
RJラボ
スター・ウォーズに魅了され映画の虜となっていました。

洋画を見ることが多いですがジャンルに拘りはありません。
今では映画無しでは生きていけない程です。

ライター:RJラボ