薬師丸ひろ子の魅力が凝縮された「紳士同盟」をチェック!

 - 邦画

   

1986年に公開された邦画「紳士同盟」は薬師丸ひろ子のかわいらしさと、どんでん返しのストーリーの両方を楽しめる映画です。サスペンスやミステリーが好きであれば一度は観ておきたい名作の魅力を紹介していきます。

「紳士同盟」の原作とストーリー

メイン出典:http://moneydoctor.hamazo.tv/e2936257.html

「紳士同盟」は小説家としてだけではなくコラムニストや評論家としても幅広く活躍する小林信彦による同名小説が原作となっています。
しかし「コン・ゲーム(信用詐欺)」を取り扱っているという点以外では登場人物も舞台設定も全く異なっているため、原作を読んだことがないという人もすんなりと映画の世界に入っていくことができるでしょう。原作既読の人も、映画は別物として捉えて鑑賞すれば違和感を覚えることはありません。
映画では女子大生を主人公に、彼女の実家が持つ莫大な資産を狙ってだましあいが繰り広げられます。二転三転する展開に最後まで目が離せませんよ。

主演の薬師丸ひろ子の魅力

現在では落ち着いたお母さん役を演じることが多い薬師丸ひろ子ですが、映画「紳士同盟」が公開された1986年当時はまだ22歳。しかし10代の頃から「セーラー服と機関銃」「メイン・テーマ」「探偵物語」などさまざまな映画のヒロインを務めていた彼女はこの時にはすでに女優としての地位を築きあげていました。角川映画の顔ともいえるべき存在となっていた薬師丸ひろ子ですが、「紳士同盟」が公開される前年には事務所を独立し女優として新たな道を歩み始めています。
独立後まもない出演作である「紳士同盟」ですが、少女から脱却し大人の女性への一歩を踏み出す薬師丸ひろ子の魅力を堪能することができますよ。

主題歌「紳士同盟」も一緒に聞いてみたい

レコード出典:http://image-sc.sakuhindb.com/ani_imgj/7_Shinshi_20doumei_60jpmovie.html

薬師丸ひろ子は当時自身の主演作と同名のテーマソングを歌うことが非常に多かったものです。「セーラー服と機関銃」や「探偵物語」は現在もたくさんのアーティストにカバーされているので聞いたことがあるという人も多いのではないのでしょうか。
今作でも映画と同タイトルとなる「紳士同盟」を歌いレコードで発売しております。薬師丸ひろ子の歌声と演技が一緒に楽しめるなんて、なんだかお得な気がしますね。歌謡曲好きな人もぜひ耳を傾けてじっくりと聞いてみましょう。

「紳士同盟」は可憐な薬師丸ひろ子の魅力が思う存分発揮されている映画です。「あまちゃん」の出演から再度脚光を浴び、現在も精力的な活動を続けている薬師丸ひろ子の在りし日の姿を思い切り堪能しましょう。

紳士同盟の動画を見る

ライタープロフィール

かわまき
かわまき
洋画邦画問わず観ています!
好きなジャンルを挙げるならコメディタッチのドラマかな。

新作の他に、思い入れのある旧作を書きます。

ライター:かわまき