「デザート・フラワー」 遊牧民からトップモデルへ……しかし彼女にはあまりに悲惨な過去が

 -

   

3本目にご紹介するファッション映画は、ある実在のトップモデルの人生を描いた「デザート・フラワー」。ソマリア出身の少女・ワリスが、ロンドンでトップモデルになるまでを描いた作品です。

シンデレラストーリーとしても楽しめる作品ですが、一番注目したいのはワリスの悲惨な過去と、この映画の撮影方法。今回はこの2つにフォーカスしつつご紹介したいと思います。

ワリスが告白した“女子割礼”

デザート・フラワー出典:http://zousan0204.blog107.fc2.com/blog-entry-330.html

この映画の主人公ワリス・ディリーには、ある悲惨な過去がありました。それは“女子割礼”という通過儀礼。

アフリカのある国々には、女性器切除(女子割礼)という風習があります。幼い女児の女性器を切除する行為なのですが、大人の女性への通過儀礼として行われているそうです。ソマリア出身のワリスは、これを経験していました。

ワリスはファッションモデルとして活躍した女性ですが、同時に人権擁護家としても尽力しました。トップモデルとなった彼女が女子割礼を告白することで世界中に注目され、多くの国々で割礼が廃止されたそう。ただ、まだまだこれを行う国はあるのだとか……。

この映画の驚きの撮影方法とは

デザート・フラワー出典:http://www.nouvellelune.fr/fleur-du-desert-fc215.html

「デザート・フラワー」には、ワリスのホームレス時代のシーンがあるのですが、なんとこれは実際にワリス役を演じたリヤ・ケベデにホームレス生活を送らせ、他のホームレスと溶け込みながら生活しているところを隠し撮りしたものだそう。

また、この映画の終盤では、幼いワリスが割礼を受けるショッキングなシーンが流れます。泣き叫ぶ少女があまりにリアルだったので、『天才子役でもこの演技は難しくないか?』と思い調べたところ、実際に割礼を受ける少女を、許可を取って撮影したという話を見つけました。

実話を元にして作られた映画ですが、部分的にドキュメンタリーのような撮影方法をとっているため、想像では終わらせず、きっちり現実を突きつけてくる作品です。

これを観ればきっと“何か”を感じるはず

デザート・フラワー出典:https://brightestyoungthings.com/articles/sherry-hormann-talks-desert-flower

「デザート・フラワー」はリアルなシーンが盛り込まれているからこそ、かなり考えさせられる映画です。

フィクションの部分はあるものの、重要なところはきっちり“本物”を見せてくれます。トップモデルへのシンデレラストーリーとして、社会派映画として、観る人に何らかの影響を与えてくれる作品だと思います。

参考サイト

INDEPENDENT (UK)
http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/features/the-supermodel-from-somalia-1782094.html

WERED OFFICE (JP) <『デザート・フラワー』>
http://www.werde.com/movie/new/desertflower.html

デザート・フラワーの動画を見る

ライタープロフィール

表ひつじ
表ひつじ
映画やライフスタイル記事を中心に執筆する新卒フリーライター。学生時代nanapiやSHERYLでライティング・編集を経験。アンニュイな映画やごちそう映画を中心に幅広く鑑賞します。

ライター:表ひつじ