映画「スターウォーズ 最後のジェダイ」のフル動画を視聴する!配信サイトを紹介!

 - 動画配信

   


動画

出典:写真AC

 

大人気SF映画スターウォーズシリーズの「最後のジェダイ」、あらすじや見どころフル動画を配信しているサイトを紹介します。

 

すぐに映画のフル動画を見たいかたはこちらからどうぞ

スターウォーズ最後のジェダイのフル動画を観る(ビデオマーケット)

 

 

「スターウォーズ 最後のジェダイ」映画キャスト

監督・脚本
ライアン・ジョンソン

製作
キャスリーン・ケネディ、ラム・バーグマン

主な出演キャスト

マーク・ハミル

キャリー・フィッシャー

アダム・ドライバー

デイジー・リドリー

ジョン・ボイエガ

オスカー・アイザック

ルピタ・ニョンゴ

アンディ・サーキス

ドーナル・グリーソン

アンソニー・ダニエルズ

グウェンドリン・クリスティー

ケリー・マリー・トラン

ローラ・ダーン

べニチオ・デル・トロ

 

「スターウォーズ 最後のジェダイ」映画のあらすじ

帝国復活を目論む闇の組織ファースト・オーダーはその勢力を拡張。今や銀河全体の軍隊を掌握しようとしていました。抵抗するレイア・オーガナ将軍たちは劣勢に追いやられ、拠点としていた惑星ディカーにもハックス将軍に率いられた艦隊が押し寄せようとしています。
激しい戦闘の中、ポー・ダメロン中佐たちの活躍によってなんとかレジスタンス軍はディカーから退去できましたが、ファースト・オーダーは執拗にレイアたちを追跡します。
ハン・ソロとレイアの息子であるカイロ・レンは自らTIEファイターに乗り込み、母親の乗るクルーザーを攻撃。レイアは宇宙に投げ出されますが、フォースを使うことで辛くも危機を脱します。
一方、惑星オク=トーでルーク・スカイウォーカーを見つけたレイ。必死になってレジスタンス軍への参加を請いますが、なぜかルークはそれを拒否。ジェダイになりたいというレイに対し、その修行だけは行うことにします。
修業を続けるうち、レイには不思議なテレパシー能力が目覚め、スター・デストロイヤーにいるカイロと会話が可能に――。彼から「ルークは昔自分を殺そうとした」という話を聞かされます。
ルークに詰め寄ったレイはそれが事実だと知り、カイロを暗黒面から救い出そうと惑星オク=トーを出立。レジスタンスを追跡中のファースト・オーダー艦隊に向かい、カイロと再会するものの、ファースト・オーダーの首領であるスノークの前に連れて行かれます。
スノークはレイを殺そうとしますが、カイロが裏切り、スノークとその配下を皆殺しに。しかしカイロは良心に目覚めたわけではなく、フォースの強いレイとともにファースト・オーダーを自ら率いるつもりでした。レイはそんなカイロを見捨ててレジスタンス軍に合流。
今やファースト・オーダーのリーダーとなったカイロは惑星クレイトに立てこもったレジスタンス軍に迫りますが、その時突然ルークがレイアたちの前に姿を現します。ファースト・オーダー軍の前に立つルーク。カイロは必死に攻撃するものの、ルークは傷一つ負いません。実はその姿はフォースによる幻影で、カイロの注意を自分に引きつけてレジスタンス軍を脱出されるためのトリックだったのです。
レジスタンス軍は窮地を脱しますが、フォースを過剰に使ったルークはそのまま死亡。こうして最後のジェダイは姿を消すのでした。

 

「スターウォーズ 最後のジェダイ」映画の見どころ

長年の「スター・ウォーズ」ファンにとっては、シリーズ生みの親であるジョージ・ルーカスがディズニーに権利を売却したことに対し、複雑な気持ちがあったようです。つまり、続編が作られることになったのはうれしいが、ディズニーによりそれまでのスター・ウォーズの世界観が壊されるのは困る、というファンならではの思い入れです。
そんな中で製作されたのが前作「フォースの覚醒」。固唾をのんで待ち構えていたファンは早速映画館に詰めかけ、ほとんどの人が満足しました。現に代表的な映画レビュー集サイト「ロッテン・トマト」では批評家による満足度が「93%」と高スコアを叩き出しています。
これは新しくプロデューサーとなったキャスリーン・ケネディがファンの思いをキチンと汲み取り、ルーカスの作り上げた「スター・ウォーズ」のキャラクターやストーリーを厳格にスーパーバイズしているおかげでしょう。
その後に続くスピンオフ作品「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」も好評で、新しい「スター・ウォーズ」シリーズは順調な滑り出しを見せたようです。
そして「フォースの覚醒」に続く新三部作の二作目がこの「最後のジェダイ」。
「フォースの覚醒」ではあえて製作第一作目の「新たなる希望」とそっくりな構成を取り、古くからのファンへのアピールを重視しました。その意味では、この第二作目こそ本来の新シリーズのスタートともいえます。
この作品で最も目につくのは、本来脇役であるフィンとローズ・ティコが中間パートでほとんど主役級の活躍を見せること。フィンは黒人で、ローズ・ティコは東洋人。しかもヒーローものではあまり出てこない太った女性です。この辺りはポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)を重んじる世界的企業であるディズニーの意向が反映されているのかもしれません。
「ファンタジーの世界にまで民族的公平さを求めるのか」ということがSNSの一部で問題となり、現在のトランプ政権を支持する男性などはこの作品をけなしています。
しかし旧来の「スター・ウォーズ」ファンからすると十分満足できる出来栄えで、ルークが死んでしまうのがちょっと寂しいとはいえ、旧三部作からうまく世界観が継承されていると思います。

 

「スターウォーズ 最後のジェダイ」のフル動画配信サイト

動画配信サイトビデオマーケットでスターウォーズ最後のジェダイのフル動画を配信しています。パソコンやスマホ、タブレットで好きな場所で好きなときに動画を見ることができます。インターネット上には一部違法でアップロードされた動画があるので注意が必要ですが、ビデオマーケットであれば安全にフル動画の視聴が可能です。

 

月額500円(税別)で毎月540ポイントが付与されて保持するポイントを消費して映画のフル動画が観れます。初月無料キャンペーン実施していることもあるので時期によってはお得に視聴可能ですのでぜひチェックしてみてください。

 

スターウォーズ 最後のジェダイのフル動画を観る(ビデオマーケット)

ライター:トシゾー