祝 還暦! 名優トム・ハンクスが出演しているおススメ映画 6選 

 - 洋画

   

日本大好きトム・ハンクス!

今年還暦を迎えたハリウッドの名優、トム・ハンクス。24歳のときにホラー映画の端役で銀幕デビューしてから、これまでに50作品以上に出演している。そのほとんどが主役であり、興行的にも数字を残している。そんな俳優は、他にはトム仲間のトム・クルーズくらいではなかろうか。そして二人ともよく来日する(笑)ファンを大事にするという姿勢は、とても素晴らしいことである。先日、公開中の「ハドソン川の奇跡」のプロモーションで来日したトム・ハンクスは、お忍びで都内の老舗蕎麦屋『神田まつや』を訪れ、居合わせたお客さんと自撮りまでしたのである。

そんなトムの新作がすぐに控えている。10月28日公開予定の「インフェルノ」。教会も巻き込み一大センセーションを起こした「ダ・ヴィンチ・コード」、その続編となる「天使と悪魔」に続く、ダン・ブラウン原作小説映画化第3弾である。3作全てで、トムが主人公のラングドン教授を演じている。そして、同じく3作全てで監督を務めたのがロン・ハワード。彼は、トムの出世作とも言える「スプラッシュ」や「アポロ13」でも組んでおり、名コンビであろう。が、よくよく思い出してみると、トムは重宝がられるのか同じ監督の作品に起用されるのは多いようである。昨年公開の「ブリッジ・オブ・スパイ」はスピルバーグ監督作品だが、他にも「ターミナル」「プライベート・ライアン」があり、ロバート・ゼメキス監督とは「フォレスト・ガンプ/一期一会」「キャスト・アウェイ」「ポーラー・エクスプレス」(アニメ)などがある。
 トム・ハンクスのフィルモグラフィ―で忘れてならないのは「トイ・ストーリー」であろう。「2」「3」とこれまでの3作品でカウボーイ人形ウッディの声を演じてきたが、2018年公開予定の「4」には出番がないとの噂も…。回想シーンでもいいから、ぜひ出演を!

トム・ハンクスが出演しているおススメ映画! 6選

「天使と悪魔」

天使と悪魔
天使と悪魔の動画を見る

「アポロ13」

アポロ13
アポロ13の動画を見る

「ターミナル」

ターミナル
ターミナルの動画を見る

「フォレスト・ガンプ/一期一会」

フォレスト・ガンプ 一期一会
フォレスト・ガンプ/一期一会の動画を見る

「キャスト・アウェイ」

キャスト・アウェイ
キャスト・アウェイの動画を見る

「ポーラー・エクスプレス」

ポーラー・エクスプレス
ポーラー・エクスプレスの動画を見る

ライター:でっかーど