フランスのクラブシーンをリアルに描くミア・ハンセン=ラヴ「EDEN/エデン」

 - 洋画

   

90年代から2000年代にかけて、ダフトパンクを始め多くのアーティストを輩出したフランスのエレクトロ・ミュージックシーンを、2016年のヴェネチア国際映画祭で監督賞を獲得し日本公開が待たれる「L'Avenir(原題)」の監督、ミア・ハンセン=ラヴ監督が描く「EDEN/エデン」をご紹介します。2015年フランス映画祭出品作。

EDEN/エデン出典:http://vordermagazine.com/archives/2141

ストーリー

学業より音楽にはまっている大学生のポール(フェリックス・ド・ジヴリ)は、友人とDJグループを結成し、パリのクラブシーンで人気となる。好きな音楽と仲間が集るクラブで成功をつかみ、自由な生活を送るポールだったが、周囲が大人になっていく中、酒とドラッグに溺れ生活が崩れていく。やがて人気だったポールの音楽も少しずつ流行から遠ざかり・・・。

EDEN/エデン出典:http://www.team-lens.com/heartstrings/2015/september/2015_0903.html

実体験に基づくストーリーと極上のダンストラック

主人公であるポールのモデルとなったのは、ミア・ハンセン=ラヴ監督の兄であるスヴェン・ハンセン=ラヴ。20年間DJとして活躍し、現在は作家となったスヴェンは「EDEN/エデン」の脚本にも参加。劇中のダンストラックには世界的人気のダフトパンクも楽曲を提供し、"ロボット二人組のDJグループ"など、現実のエピソードをちりばめながら熱気溢れるクラブシーンをリアルに描写している。豪華なダンストラックに加え、シカゴハウスのトニー・ハンフリーズなどアーティストが出演し、クラブシーンを知るうえで欠かせない作品となっている。

EDEN/エデンの動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 EDEN/エデン
ジャンル ドラマ
監督 ミア・ハンセン=ラヴ
出演 フェリックス・ド・ジヴリ
ポーリン・エチエンヌ
ロマン・コリンカ
バンサン・マケーニュ
グレタ・ガーウィグ
制作年度 2014年
本編時間 131分
製作国 フランス

ライター:stereo