性に奔放なアメリカの実態?! 「アメリカン・パイスクール」に見る米国高校生のSEX事情

 - 洋画

   

予想にたがわずハチャメチャ、エッチ満載。でもあのシリーズじゃありません

「アメリカン・パイスクール」と聞いて、人気シリーズ「アメリカン・パイ」の1作品かと思いましたが、違います。これはいわゆる便乗(?)作品。人気にあやかりたくて似たタイトルをつけちゃった、というところでしょうか。

アメリカン・パイスクール出典:http://www.listal.com/viewimage/668924

でも内容は似たり寄ったり。つまりはアメリカの高校生の開放的な性生活を描いた作品です。アメリカ&高校とくればお約束のプロム女王に主人公がなれるかどうか?! が一応のテーマ。アメリカ人のプロムにかける意気込みって、スゴイですよねえ。日本には似た文化がないのでちょっと分かりませんが、高校生にとってはプロムにカップルで行けないなら死んだほうがまし、みたいなところがありますよね。あれ、本当にどこの高校でもやってるんでしょうか??

”肉食女子” ならぬ”雑食女子” がはびこるハイスクール。筋書き無用のコメディ映画。

アメリカン・パイスクール出典:http://www.kino.de/film/american-high-school-2009/

この映画の主人公で女子高生ながらすでに結婚しているグウェン(ジリアン・マーレイ)は、夫であるホールデンと同じ高校の同級生。学園にはグウェンとプロム・クイーンを争うヒラリーや悩殺度120%の女教師アップル先生など雑食女子が大勢いて、彼女たちに鼻の下を伸ばす夫の気持ちが分からないと悩んでいます。学園に入り浸っては自分と同じ世代の若い女の子に次々手を出す父のせいでプロム・クイーンの座は危うく、しかも校長室で夫ホールデンと×××していたのがばれてますますピンチに。さあグウェンはプロム・クイーンになる事ができるのか?

と一応あらすじはこんなですが、お察しの通りこの手の映画に筋書なんてあってないようなもの。グウェンの悩みもプロム・クイーンを目指す本気度もまあどうでもいいわけです。男性が期待するのは高校生とは思えないナイスバディの女性たちがいかに露出してくれるか、という点ですよね。はい、その点は及第点です。楽しめますよ、その目的ならば。動くグラビアと思って鑑賞するためのセクシー映画です。

女性が観る場合は・・・教科書には載ってないスラングを覚えるのに役立ちます!

主演は「ワイルド・シングス4」のジリアン・マーレイ

アメリカン・パイスクール出典:http://benacting.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

女性の露出が勝負の映画ですから、主演のジリアン・マーレイはさすがの姿態を披露してくれます。彼女の代表作といえば「ワイルド・シングス4」。こちらも潔い脱ぎっぷりのエロティック・サスペンスです。
他には爆乳女教師役として元プレイメイトのニッキー・シーラ・ジーリングが出演。このあたりが見どころです。
監督はショーン・パトリック・キャノン。彼の作品を検索してみると、この作品だけが出てきます。つまりこれからに期待、かな。

ライター:てんてんにゃんた