「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」若き政治活動家が選挙戦に挑む!

 - 洋画

   

ジョージ・クルーニー監督&出演作「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」は若き政治活動家が政界の暗部に直面するポリティカル・サスペンス。大統領候補役をジョージ・クルーニーが、それを支える広報官をライアン・ゴズリングが務める。

「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」のあらすじ

スーパー・チューズデー ~正義を売った日~出典:http://www.richardcrouse.ca/the-ides-of-march-3-%C2%BD-stars/

アメリカ大統領選挙では、オハイオ州の予備選挙が勝敗の鍵を握っている状態だ。モリス知事(ジョージ・クルーニー)の選挙を後押しするのは選挙参謀のポール(フィリップ・シーモア・ホフマン)と広報官のスティーヴン(ライアン・ゴズリング)。オハイオ州での予備選討論会を終えたスティーヴンは、対立する陣営から密会を持ち掛けられた。対立陣営を指揮する立場のダフィ(ポール・ジアマッティ)がスティーヴンを引き抜くつもりだったのだ。

日本人にとって新鮮!未知の大統領選挙

スーパー・チューズデー ~正義を売った日~出典:http://www.silenzio-in-sala.com/recensione-le-idi-di-marzo.html

2004年の民主党大統領予備選に立候補したハワード・ディーン氏、その選挙スタッフだったボー・ウィリモンが選挙を題材に執筆した戯曲「ファラガット・ノース」がジョージ・クルーニーの目に留まり、映画化されることとなったのがこの作品だ。米国の大統領選挙は日本人にとっては馴染みの薄い出来事かもしれないが、マスコミや敵陣営、そして政界の闇に相対し困難が呼び起こされる展開は日本も他人事とは言っていられないだろう。

スーパー・チューズデー ~正義を売った日~の動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 スーパー・チューズデー ~正義を売った日~
ジャンル ドラマ
監督 ジョージ・クルーニー
出演 ジョージ・クルーニー
ライアン・ゴズリング
制作年度 2011年
本編時間 101分
製作国 アメリカ

ライター:アジノモト