「スーパーバッド 童貞ウォーズ」三人組にチャンス到来?今夜こそ童貞とオサラバだ!

 - 洋画

   

思春期真っただ中の高校生。彼らの考える事なんて、一つに決まっている。「スーパーバッド 童貞ウォーズ」は童貞三人組の奮闘を描き出した、アメリカらしい青春コメディだ。監督は「宇宙人ポール」のグレッグ・モットーラ。

「スーパーバッド 童貞ウォーズ」のあらすじ

スーパーバッド 童貞ウォーズ出典:http://mentalfloss.com/article/66546/11-super-great-facts-about-superbad

高校生のセス(ジョナ・ヒル)、エバン(マイケル・セラ)、フォーゲル(クリストファー・ミンツ=プラッセ)は未体験の事に興味津々な、冴えない童貞三人組である。ある時彼らは同級生の女子からパーティーの誘いを受ける。童貞卒業のチャンスに心沸き立つ三人組。セスは大見得を切って酒の買い出しも引き受けてしまうが、当然彼らは未成年。あらゆる手段を駆使して酒をゲットし、そして今夜こそ童貞を捨てるために奮闘する。

男子高校生の頭の中はお花畑?下ネタ全開!

スーパーバッド 童貞ウォーズ出典:http://qq3q.biz/AYRz

映画には沢山の下ネタが散りばめられていて全体的に下品、だがそれが等身大の高校生の行動原理と繋がっていて、彼らの青春を表現するのには必要な要素となっている。さて、彼らの本願は「童貞を卒業する」ことである。それはある種儀式的な意味合いを持ち、男子が男性へと変化することに他ならない。男子の枠から出られていない三人組が大人の男性へと成長していく姿を、笑い溢れるコメディを通して感じてもらいたい。

スーパーバッド 童貞ウォーズの動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 スーパーバッド 童貞ウォーズ
ジャンル 青春
監督 グレッグ・モットーラ
出演 ジョナ・ヒル
マイケル・セラ
クリストファー・ミンツ=プラッセ
制作年度 2007年
本編時間 113分
製作国 アメリカ

ライター:三田・E・クラーラ