見どころが3分で分かる!!映画「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」

 - 洋画

   

世界中から愛されている映画といえば『スター・ウォーズ』ですね。宇宙戦争やライトセーバーといったSF設定をテーマとし、多くの人を瞬く間に虜にしてきました。今回は『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』のあらすじや見どころをまとめてご紹介します。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスってどんな映画?

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスは1999年に公開されたアメリカ映画で、エピソード6/ジェダイの帰還から16年ぶりに制作された作品です。16年前のエピソード6と比べるとCG技術を駆使した演出が盛り込まれたため、新しい感覚でスター・ウォーズの世界を味わうことができます。George Lucas(ジョージ ルーカス)はこの映画の監督ならびに脚本を手掛けており、3つの3部作からなる全9部作を生み出しています。

エピソード1は1977年に公開されたエピソード4、5、6の後に制作された作品で、スター・ウォーズシリーズとしては第4作目です。時系列的には本作エピソード1が一番早いですが、劇場公開版で見るならばエピソード4のルーク編から見ることになります。
ファントム・メナスのキャストはリーアム・ニーソンをはじめ、ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ジェイク・ロード他多数の人気俳優が出演しています。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスのあらすじ

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス-2出典:http://summaars.net/starwarsepisodeone.html

銀河共和国では通商連合と惑星ナブーの間で課税に関する論争が起こっていて、争いをおさめるために元老院最高議長はクワイ=ガン・ジンとその弟子のオビ=ワン・ケノービを派遣します。クワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービは、通商連合から攻撃を受けながら、ジャー・ジャー・ビンクスと協力して、拘束されそうになっていたアミダラ女王を救い出します。しかし船が破損し、やむを得ず砂漠の惑星タトゥイーンへ立ち寄ったときに出会ったのが少年アナキン・スカイウォーカーでした。

アナキンは母とともに奴隷として働かされていましたが、クワイ=ガンはアナキンの持つフォースの強さに気づき、アナキンを奴隷から解放してジェダイの騎士にしようとします。アナキンは奴隷から解放されるべくポッドレースに出るなか、ジェダイとシス教間で共同戦線が開始します。最後はシスの暗黒卿ダース・モールが現れますが…。

疾走感溢れるポッドレースが見どころ!

ポッドレース出典:http://ur0.pw/utu6

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスの見どころは、アナキン・スカイウォーカーやゼブルバらが繰り広げるポッドレースです。ポッドレースとはこの作品に登場する架空のレースで、強力な2つのエンジンでコックピットを引いて熱く競います。作中ではアナキンを優勝させまいとゼブルバがさまざまなことを仕掛けますが、アナキンは動じず冷静にレースを続けてゴールを目指します。ギリギリまでどちらが勝つのか分からない、目にも止まらぬ速さのレースで観ていると思わず夢中になってしまいます。

CGを駆使した迫力の映像

CG効果を使ってより宇宙空間を表現し、スター・ウォーズの世界がさらに身近に感じられることが新しい魅力になっています。「どれだけ頑張ってもこの作品の魅力は語りきれない」といわれているほど、ストーリーが奥深く、Ep2からのシナリオも期待させてくれます。世界中で「スター・ウォーズ」ファンが熱狂する面白さをぜひ体感してみませんか?

スター・ウォーズ エピソード1/ファントムメナスの動画を見る

題名 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
ジャンル SF
監督 ジョージ・ルーカス
出演 ユアン・マクレガー
ナタリー・ポートマン
制作年度 1999年
本編時間 119分
製作国 アメリカ

ライタープロフィール

ちくわ
休日にのんびり映画を観ているOLです。
好きな映画ジャンルはラブコメ、ホラーがメインですが、意外と男性が観るファンタジー系なんかもよく観ます。好きな映画は、ハリー・ポッターシリーズ、ラブ・アクチュアリー。最近観たので面白かったのは、ドント・ブリーズです。

ライター:ちくわ