他人事と見過ごすことは出来ない災害映画「大地震」

 - 洋画

   

ディザスター映画ブームの代表作

1970年代にはディザスター(災害)映画ブームがあり、「大空港」(’70)「ポセイドン・アドベンチャー」(’72)「タワーリング・インフェルノ」(’74)など、映画史に残る傑作もいくつか製作された。多くは航空機、船舶、ビルなど閉鎖空間を舞台にしているが、本作は自然災害である<地震>によるパニックを描いている。

大地震出典:http://blogs.yahoo.co.jp/gh_jimaku/27149396.html

ロサンゼルス大地震

ある日、マグニチュード8以上の大地震がロサンゼルスを襲う。ビルは倒壊し、あちこちで火災が発生する。その後の余震でダムが決壊し濁流が街に流れ込む。人々は安全な場所へと必死に避難を試みるが…

大地震出典:https://middle-edge.jp/articles/JrtBK

自然災害であれ航空機事故であれ、被害の悲惨さもさることながら、巻き込まれた人々の人間模様が描かれるパターンが多い。我先にと逃げ惑う人々、死をもいとわず救出に尽力する人など、人間のエゴや正義感といった様々な感情が赤裸々に活写される。

大地震出典:http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87/13644/

豪華スタッフ&キャスト!

主演は「ベン・ハー」や「猿の惑星」「エアポート'75」を始め数多くの映画に出演し、1950年代から2000年代まで長きにわたりハリウッドで活躍したチャールトン・ヘストン。共演には「ショウ・ボート」のエヴァ・ガードナー、「裸の銃を持つ男」シリーズのジョージ・ケネディ、ブライアン・デ・パルマ監督作「愛のメモリー」のジュヌヴィエーヴ・ビュジョルドなど。監督は「名誉と栄光のためでなく」のマーク・ロブソン、脚本は「ゴッドファーザー」のマリオ・プーゾが手掛けた。

決して他人事ではない災害大国日本に生きる者としては、見ておきたい1本である。

大地震の動画を見る

ライター:R4-D4