ジョニー・デップが実在したドラッグディーラーを演じた問題作!「ブロウ」

 - 洋画

   

「ブロウ」は2001年に制作されたアメリカの映画です。ジョニー・デップが、1970年代に伝説のドラッグディーラーとして知られていたジョージ・ユングという人物を演じています。「パイレーツ・オブ・カリビアン」でも共演したペネロペ・クルスも出演しています。

伝説のドラッグディーラーの人生を描く!

ブロウ出典:https://harva8.wordpress.com/2015/04/02/1447/

ジョニー・デップが演じる主人公は、マサチューセッツの田舎で育ったジョージ・ユング。彼の父親は社長として会社を営んでいたものの、経営が傾きどんどん貧しくなっていきました。そんな生活に嫌気がさしたジョージは、当時流行の最先端だったカリフォルニアに引っ越し、マリファナなどのドラッグの小売りを始めるように……。実在の人物の人生をドキュメンタリーのように描いた伝記的映画です。

伝説のドラッグディーラー、ジョージ・ユングとは?

この作品で描かれたドラッグディーラーのジョニー・ユングですが、彼はマサチューセッツ出身で70~80年代にアメリカでドラッグディーラーのとして名を馳せていた人物です。60年代にマリファナの密輸を始め、それで成功したものの仲間の密告により逮捕されてしまいます。しかし、刑務所内でコカインについての知識がある人物と出会い、彼とコカイン密輸の計画を立て、出所後それを実行に移してまたも成功をおさめました。その後再び逮捕され、2014年に釈放されるまで20年間刑務所暮らしをしていました。

ジョニー・デップは実際にジョージ・ユングと面会していた!

ドラッグディーラーのジョージを金髪のロングヘア姿で演じたジョニー・デップですが、彼は実際にジョージと面会しています。若かりし頃自分でもドラッグに手を染め、貧乏暮らしも経験したことがあるデップは、獄中のジョージにかなり同情的だったそうです。ジョージの仲間は2年ほどで釈放されているものの、ジョージは逮捕当初60年の懲役を言い渡されていたようです。

実在のドラッグディーラーを金髪姿で見事に演じたジョニー・デップ。ドラッグの話だけにスポットを当てず、家族の問題も同時に描いた良作です。

ブロウの動画を見る

題名 ブロウ
監督 テッド・デミ
出演 ジョニー・デップ
ペネロペ・クルス
制作年度 2001年
本編時間 123分
製作国 アメリカ

ライター:おれんじ