キアヌ・リーブスが格闘技マニアとタッグを組んだ!「ジョン・ウィック」

 - 洋画

   

ハリウッドスターである、キアヌ・リーブスが新たな代表作となる映画に挑戦しました。
「スピード」や「マトリックス」に負けないスピードアクションは一見の価値があることでしょう。
見所は、従来のアクションとは一味違う、銃撃とカンフーを掛け合わせた新銃術です。

ジョン・ウィック出典:http://urx.blue/teZi

「ジョンウィック」映画概要

ジョン・ウィック出典:http://timewarp.jp/movie/2015/10/01/74635/

殺し屋として、名を轟かせて生きてきた主人公「ジョンウィック」は裏社会から足を洗い妻の忘れ形見の猫と一緒に平穏に暮らしていました。
しかし、ロシアンマフィアのドラ息子により、猫の命と共に平穏な生活を壊されてしまったのです。復讐心に燃えるジョン・ウィックは忘れかけていた。
殺し屋としての本能を取り戻し、ロシアンマフィアに立ち向かっていきます。
その際に、銃撃とカンフーを掛け合わせた新銃術「ガン・フー」をマスターし、ジョンウィックはアクションシーンを繰り広げていくのです。
そのアクションシーンは実に見事な仕上がり!本作の見どころと言えるでしょう。本作の監督には、マトリックスのスタントマンを務めた、格闘技好きのチャド・スタエルスキーです。
キアヌ・リーブスは、修練を重ねてガン・フーをマスターし、本作に挑んでいます。
スピード感溢れる見事なアクションシーンは見る人を魅了することでしょう。

チャド・スタエルスキー監督は格闘技が大好き

チャド・スタエルスキー監督とキアヌ・リーブスは18年来の旧知の仲です。
本作の脚本を読んで、キアヌ・リーブスは自らチャド・スタエルスキー監督にオファーを行いました。
本作のアクションと格闘技スタイルが、チャド・スタエルスキーの趣味趣向にマッチしていたと言うことです。
本作の監督は、彼しかいないとキアヌは感じたと言います。

ジョン・ウィック出典:http://news.aol.jp/2015/11/26/hwz_johnwick2/

チャド・スタエルスキー監督は、幼い頃から総合格闘技を学び、スタントマンになるまでにさまざまな格闘技のマッチを制していたのです。
日本の「shooto」と呼ばれる総合格闘技にも出場したほど、格闘技が大好きと言います。
本作の制作において、監督自らが、カンフーとガンアクションをミックスした新スタイルの格闘技を作り出しました。
古典的なアクションを新スタイルの接近戦が可能なガン・フーとして編み出したのです。
チャド・スタエルスキー監督とキアヌ・リーブス二人の仲だからこそ、編み出せた新スタイルのガンアクションと言えるでしょう。

登場する格闘技「ガン・フー」

ジョン・ウィック出典:http://urx.blue/teZr

本作の見どころと言える「ガン・フー」とは、名前の通りにガンアクションとカンフーアクションを組み合わせた新感覚の格闘技と言えるでしょう。
ガン・フーは、マトリックスや、リベリオンなどで確立された「ガン・カタ」の進化系とも言えるガンアクションとなっています。
ガン・カタのようなワイヤーアクションで静止するような派手なアクションとは違いますが、接近戦で瞬時に多くの敵を倒すスタイルはまさにガン・カタの進化系とも言えるでしょう。
古典的な手法も取り入れたアクションの原点を彷彿とさせる新スタイルといえます。キアヌ・リーブスの新たな魅力となることでしょう。

ファン必見!!キアヌ・リーブス最新作!

ジョン・ウィックの動画を見る

本作は、キアヌ・リーブスの待望の最新作です。
マトリックス以降近年あまり作品には恵まれていませんでしたが、本作はキアヌ・リーブスの新たな代表作になり得る仕上がりと言えるでしょう。
キアヌ・リーブスのファンはもちろん、アクション映画ファンは必見の作品と言えるのではないでしょうか。

映画みちゃお!の映画情報

題名 ジョン・ウィック
ジャンル アクション
監督 チャド・スタエルスキー
出演 キアヌ・リーブス
ミカエル・ニクヴィスト
制作年度 2014年
本編時間 103分
製作国 アメリカ

ライタープロフィール

angel1
angel1
フランス映画の空気感が大好きです。好きな映画は「クイルズ」「乙女の祈り」「レオン」など。恋愛ものから、ホラー、歴史物まで幅広く鑑賞しています。アクションとSFだけは少し苦手です。好きな映画をどんどんご紹介してまいります!

ライター:angel1