インド映画「ムトゥ 踊るマハラジャ」出演!ラジニカーントとは!?

 - 洋画

   

今じわじわと人気が広まっているインド映画。そのインド映画の人気の火付け役となったのが、
1998年に日本で公開された「ムトゥ 踊るマハラジャ」でした。この映画をきっかけに日本ではインド映画が、次々と劇場公開されることに。インド映画は韓流ブームを機に一時鳴りを潜めていましたが、
近年は「きっと、うまくいく」や、「ロボット」などインド映画がヒットし再復活の兆しを見せています。
今回は日本におけるインド映画の原点といえる「ムトゥ 踊るマハラジャ」とその主演俳優ラジニカーントについてご紹介します。

インド映画「ムトゥ 踊るマハラジャ」ってどんな映画?

「ムトゥ 踊るマハラジャ」は主役であるラジニカーントを日本で一躍有名にした映画です。
ラジニカーントといえば、インド映画界では有名なスーパースター。インド映画の特色である踊りやアクション、ロマンスの要素が詰め込まれておりたった一本でインド映画を満喫できる作品となっています。

ムトゥ 踊るマハラジャ出典:http://blog.goo.ne.jp/cinemaasia/e/9d0403ed61b044026bfaa78e2025f9d3

ムトゥはラジニカーントが演じた役名です。明るい性格で腕っ節の強いムトゥは主人であるラージャの御者兼用心棒として働いていました。強面に見える外見とは異なり誠実な人柄で人との約束を必ず守るため、周囲からも信頼が厚く人気者。

そんな彼はある日主人であるラージャと主に芝居見物に出かけます。ラージャはその芝居小屋で看板女優をしていたランガに一目ぼれ。ところがランガが好きになった相手はムトゥだったのです…。

インド映画のスーパースター ラジニカーントってどんな人?

ラジニカーント出典:http://oriran.com/r/r20998068.html

当時インド映画のスターには白い肌のイケメンや業界にコネがある富裕層が多い風潮がありました。ラジニカーントは、インドの庶民階級出身。彼は褐色の肌をしており、年齢も中年。業界にもコネの無い状態から、新しいスターとして登場したのです。

彼は俳優になる前、バスの車掌の仕事でした。後にラジニカーントが出演する映画によく登場するタバコの投げくわえシーン。
これはラジニカーントがバスの車掌時代に乗客に見せたパフォーマンスでした。これが人気を博し映画監督であるK.バラーチャンダル氏の注意をひきつけます。ラジニカーントはK.バラーチャンダル氏の支援を経て映画界に進出していくこととなるのです。

その後次々とヒット作に出演し人気を不動のものにしたラジニカーントはついにスーパースターとまで呼ばれるようになりました。現在、彼は初老の年齢に達していますが、今でも精強な中年男の役が良く似合います。俳優としての活躍だけでなく貧困に苦しむ人々のために学校や病院、老人ホームなど社会福祉活動も精力的に行っています。

インド映画の特徴と魅力

インド映画の大きな特徴は、映画が基本的に3時間という長時間の大作に仕上がっていること。
またインド映画にはダンスや音楽が効果的に演出されまるでミュージカルのような展開となっています。インド独特のリズム感とメロディは一度はまったら中毒になること間違いなしです。

またインド映画は陽気にダンスを踊るだけでなく、ストーリーのエンターテインメントを追求し、
インドの社会問題にも深く切り込んで描かれた作品が多いのも特徴です。

騙されたと思って、一度見たらハマります

ムトゥ 踊るマハラジャ出典:http://ameblo.jp/kancana/entry-12082400683.html

インド映画の最高峰とも呼ばれる「ムトゥ 踊るマハラジャ」。インドのスーパースター、ラジニカーントの魅力を存分に楽しめる作品になっています。その飾らない人柄とたゆまぬ努力による成功によって、インドでは知らない人がいないくらい多くの人に愛されています。現在、再び盛り上がりを見せるインド映画。その原点と言われるこの作品を見ていて損はありません。

ムトゥ 踊るマハラジャの動画を見る

ムトゥ 踊るマハラジャ[DVD]
マクザム (2013-10-25)
売り上げランキング: 13,417

映画みちゃお!の映画情報

題名 ムトゥ 踊るマハラジャ
ジャンル 音楽/ミュージカル
監督 K.S ラヴィクマール
出演 ラジニカーント
ミーナ
制作年度 1995年
本編時間 166分
製作国 インド

「ムトゥ 踊るマハラジャ」おすすめポイント

「ムトゥ 踊るマハラジャ」おすすめポイント
8

女優セクシー度

10/10

    踊りたくなる度

    10/10

      おじさん度

      10/10

        ストーリー難解度

        2/10

          長い映画と感じさせない度

          8/10

            注目ポイント!

            • とにかくノリノリ
            • インドに行きたくなる!
            • 何度も見たくなる!

            ライター:がんばる子