SFアクション超大作第2弾!伏線の連続の「マトリックス リローデッド」

 - 洋画

   

1作目で、さまざまな話題を呼んだ「マトリックス」の続編、「マトリックス リローデッド」。3部作となるうちの2作目の今作では、とにかく謎をばらまくだけばらまいていきます。今回は、このマトリックス リローデッドをご紹介したいと思います。

マトリックス リローデッドってどんな映画?作品紹介

マトリックス リローデッド出典:http://goo.gl/41PjrK

現実世界となる、人類最後の都市ザイオン。そこでは、仮想現実マトリックスを支配する人工知能とザイオンの住人達との戦いが繰り広げられていました。かつては共存し合っていた人間と機械。あるきっかけによって、そのバランスが崩れ、機械が人間をエネルギー源とし、脅かす存在となってしまったのです。

マトリックス リローデッドでは、前作でマトリックスの世界から救出され仲間になったネオが、決着をつけるため再びマトリックスの世界へと侵入します。そして、自身の役割やザイオンを救うための手だてについて、伝えられることとなるのです。ストーリーは、主にこのマトリックス世界でおこる出来事がほとんどとなってきます。

マトリックス リローデッドの世界観

マトリックス リローデッド出典:http://goo.gl/41PjrK

マトリックスシリーズといえば、やはり宗教哲学的な世界観や設定の深さがポイントになります。この世界観がいまいち理解できず、終始混乱して気がついたら見終わってしまっていたという人も少なくありません。しかし、マトリックスシリーズでは、この世界観と糸が絡まってしまったような、ムズ痒い感覚が魅力でもあります。

今作中では、それぞれの登場人物が果たす役割や立ち位置、物語のなかにちりばめられている言葉の意味などが語られるシーンも多くもあり、前作で謎を多く感じた人にとって、なるほど!と感じられる部分がたくさん出てくるでしょう。この謎解き部分が一つの大きな見どころとなっています。

劇中では、サブタイトルの「リローデッド」の意味するところもしっかりと明かされ、ネオの存在や役割についても明かされることとなっていくため、前作でフラストレーションを溜めてしまった人にとっては必見となる映画でもあるでしょう。

アクションシーンや映像演出も必見!

マトリックス リローデッド出典:http://goo.gl/41PjrK

アクションシーンは前作以上にアクロバティックなものとなっています。カンフーコレオグラファーやアクション指導のための演出家の監修の元、ワイヤーアクションやカンフーアクションを多く取り入れているのも特徴的です。

また、ネオが100人ものエージェントスミスを相手に戦うシーンは、迫力満点でもありショッキングでもあります。この映像には、これまでにないような衝撃を受けた人も多く、オフ会やフラッシュモブなどで真似をする人も出てくるほどとなりました。

マトリックスのような精神世界をイメージさせるための映像演出も、今作ではさらに凝ったものとなっています。CGもふんだんに使われていますが、それでも決してとってつけたような演出ではなく、作品にとてもよくマッチしていることが見て実感できるようになっています。

最後に。作品のエンドロール終了後も、終わったからとみるのをやめたりせずに、最後までしっかりとみてみることをおすすめしておきたいと思います。

マトリックス リローデッドの動画を見る

映画みちゃお!の映画情報

題名 マトリックス(関連記事はこちら
ジャンル アクション
監督 ウォシャウスキー兄弟
出演 キアヌ・リーブス
キャリー=アン・モス
制作年度 2003年
本編時間 138分
製作国 アメリカ

ライター:babble